服装や身だしなみ

服装や髪型、アクセサリーなど、自由度が高いというイメージを持たれているアパレル・ファッション業界。

スーツとシャツに革靴など、きっちりとした服務規程を定めている会社もたくさんある中、確かにアパレル業界は服装の自由度が比較的高いです。

とはいえ、当然のことながら「どんな服装でもOK」というわけではありません。

今回はショップスタッフとして働くときに知っておきたい服装や身だしなみの注意点について詳しくお話しします。

ショップによって身だしなみのルールは変わる

ショップスタッフとして働くといっても、百貨店やファッションビル、ショッピングモール、路面店など様々な形態の店舗があります。

同じブランドであっても、働く場所によって身だしなみのルールは大きく変わります。

ここではショップスタッフの身だしなみについて、比較的しっかりとしたルールが定められている百貨店での勤務を中心にご紹介します。

ポイント!

自分が買い物に行ったときに、お店のスタッフがどんな服装やメイクをしているかチェックしておくと役立ちますよ。

派手はダメ!主役はお客様と商品

主役はお客様と商品

大前提として、ショップスタッフの仕事とは、お客様が満足のいく買い物をできるようにお手伝いをすることです。

ショップスタッフはあくまでお客様のサポート役であって、主役になってはいけません。

ブランドの服を着て、ブランドの特徴を伝えることも大切ですが、派手になりすぎてはいけないのです。

一部のラグジュアリーブランドではスタッフ全員が黒のスーツを着ていたり、制服を用意していたりと、「販売員」としての立場を服装ではっきりとさせていることもありますね。

そしてお客様のサポートや、その他の業務に影響が出てしまうような格好も避けなければなりません。

コチラ

髪色やメイクについても、勤務先に合わせて適切なものを考えてみましょう。香水もNGというお店が多いですよ。

高いヒール、ベルトのないサンダルはNG

サンダルはNG

ショップスタッフには、綺麗な洋服を着て店舗に立ち、そのブランドの良さをお客様に伝えるという役目があります。

ですがそれだけが仕事ではありません。

バックヤードの整理や、納品・返品などで重い荷物を運ぶこともあります。

そんなときに高いヒールの靴や、かかとに押さえのないサンダルを履いていると、作業がしづらいですし、万が一怪我をしたら大変です。

高すぎるヒールなどは、お客様の目には少し派手に見えてしまうという点もあります。

ヒールは高くても5cm程度で、かかとのあるパンプスやローファーなどがおすすめです。

最近はトレンドのスニーカーを履いているスタッフも多いですね。

うーん

休憩時間以外は一日中立ちっぱなしということも少なくありません。疲れにくい靴を選ぶことも大切ですよ。

派手なネイルやアクセサリーはNG

派手なネイルやアクセサリーはNG

10代〜20代前半に人気なブランドのショップスタッフは、流行りのネイルやアクセサリーをつけていることもあります。

そのせいか、ショップスタッフはネイルやアクセサリーも自由と思われがちです。

しかしながら、百貨店に入るようなブランドの場合、基本的に派手なネイルやアクセサリーは禁止されています。

ショップスタッフの手元が派手だと、接客中、手元にばかりお客様の目がいってしまいます。

さらに、ネイルアートでラインストーンをつけたり、大きめのアクセサリーをつけていると商品に傷をつけてしまう可能性もあります。

左右1つずつくらいの指輪や、ブレスレット1つ程度なら問題ありません。

ネイルも上品なものであれば問題ないショップが多いですね。

ブランドのイメージを崩さない程度に、適度におしゃれを楽しんでください。

テヘペロ

どの程度のネイル・アクセサリーならOKなのか迷ったときは、勤務先の上司や同僚に教えてもらいましょう。

メンズブランドで働くときはスカートも控えたい

レディースブランドで働く場合、スカートを取り扱っていることも多いため、勤務中にスカートを着用することは問題ありません。

ただし、メンズブランドで働く場合、スカートの着用は控えた方が無難です。

デニムやパンツの裾を直すときなど、ショップスタッフはしゃがんで裾の長さを調整しなければいけません。

そのときにスカートだと何かと気を遣いますよね。

スカートの丈が長ければ大丈夫かな…と思うかもしれませんが、ロングスカートは単純に動きづらいためやはり好ましくありません。

モリモリ

メンズブランドで働くときは、パンツスタイルを中心に服装を選ぶことをおすすめします。

おしゃれが苦手でもショップスタッフになれる

身だしなみには気をつけて

身だしなみや服装のルール云々の前に、そもそもファッションセンスがない…と心配に感じる人も多いですね。

おしゃれが苦手だとアパレルの仕事はハードルが高そう…と思ってしまいがちですが、ご安心ください。

ファッションセンスやおしゃれに自信がない方も、アパレルのショップスタッフとして働けます。

ショップスタッフの仕事は、一般的なスタイリストやデザイナーなどの仕事とは異なり、担当するブランドの商品を販売するのが仕事です。

ブランドごとにおすすめのコーディネートは必ず存在しますし、販売員もブランドのイメージに合わせて着こなすのが基本です。

私服のファッションセンスに自信がないからといって、ショップスタッフになれないということはないのです。

ポイント!

ショップスタッフとして働く人全員がファッションセンス抜群、というわけではないので安心してくださいね。

ブランドが提案するコーディネートを着用

陳列されたアパレル商品

先ほどもご説明した通り、ファッションブランドにはそれぞれおすすめの着こなしやテイストなどが存在します。

ブランドが毎シーズン作る新作カタログなどは、わかりやすくコーディネートがまとめられているお手本のようなものです。

ショップスタッフはお客様と一番近い存在として、ブランドのカラーをしっかりと把握し、お客様に伝えていくことがとても大切です。

だからこそショップスタッフは、ブランドのおすすめするコーディネートで仕事をするのが基本です。

接客にも説得力が生まれますので、難しく考えずにカタログの着こなしを真似るところからはじめてみましょう。

ヤッター

カタログやファッション雑誌に載っている着こなしを真似していると、少しずつおしゃれのコツをつかめるようになってきますよ。

数パターンをローテーションさせる

カタログに掲載されているコーディネートをそっくりそのまま真似しようとすると、従業員割引があったとしても、そこそこお金がかかってしまいます。

おすすめは、2〜3パターンほど組み合わせを用意して、1週間の中でローテーションさせて着こなすこと。

週5日出勤するからといって、5パターンの組み合わせを用意する必要はありません。

毎日のように来店されるお客様は滅多にいませんから、2パターンをローテーションさせていたとしても、ばれる心配はありません

私服をたくさん持っていない方の場合、初期投資でお金が消えてしまいそう…と不安になることも多いですが、2パターンならなんとか用意できるのではないでしょうか。

テヘペロ

同じ洋服を着まわしていても、髪型を変えたり、アクセサリーを少し変えるだけでも見た目の印象は変えられますよ。

先輩からのアドバイスがあるから安心

ショップスタッフの仕事は、お店の規模によって差はあるものの、通常3~5人程度でお店を運営するのが一般的です。

もちろんお店には店長をはじめ、ベテランの先輩スタッフもいます。

いくらブランドの着こなしがあるといっても、初めはブランドに対する理解も浅く、何をどのように着たらいいのかわからないこともあるでしょう。

そんなときは上司や先輩にアドバイスをもらいましょう。

先輩スタッフはブランドのテイストを把握している人ばかりですので、アドバイスをもらいながらブランドへの理解を深めることもできますよ。

制服のあるブランドで働くという選択肢も

それでも日々のコーディネートが心配…という人は、制服のあるショップで働くことをおすすめします。

バッグやシューズなどのファッション雑貨を扱うブランドや、メンズスーツをメインで扱うブランドなどは制服が用意されていることも多いです。

ショップスタッフの仕事はしたいけど、働くときの服装がどうしても不安という人は検討してみてください。

モリモリ

雑貨系のブランドは制服のあるショップも多いですね。服装に悩む心配がないので安心して働けますよ。

私服販売で注意すべき着こなしのポイント

先輩からアドバイスをもらったり、定番コーデをローテさせればいいといっても、基本的な着こなしのポイントは理解しておきたいですね。

制服のないショップは特に、私服での仕事がメインになります。

普段のファッションに自信がない方も最低限のポイントは把握しておきましょう。

ブランドごとのサイズ感を知る

サイズ感

まずはブランドごとのおすすめのサイズ感をチェックしてみましょう。

同じMサイズでも、体にフィットするようなタイトな服もあれば、ゆったりとした服もあります。

担当するブランドの洋服がゆったりめで作られているのであれば、そのブランドは全体的にゆとりを持った着こなしをおすすめしているということです。

ショップスタッフの着用している服がぴったりタイトな印象だと、ブランドイメージとズレが生じてしまいますよね。

担当するブランドがどんなサイズ感の商品を作っているのかを知ることで、自分が着るべき服のサイズ感もつかめてきますよ。

モリモリ

派遣の仕事でも、店舗に立っているときはブランドの顔として働くことになります。ブランドイメージを守ることはとても大切ですよ。

ブランドのテイストを知る

一言でファッションブランドといっても、色々なテイストがありますよね。

  • ジャケットなどがメインのキレイめのデザインが多いブランドなのか
  • デニムなどのラフな品揃えが多いカジュアルブランドなのか
  • スニーカーのようなシューズが似合うスポーティーブランドなのか

ショップスタッフとして働くときは、服装をブランドのテイストにしっかりと合わせることが大切です。

キレイめなブランドの店舗に、カジュアルファッションのスタッフが立っていたら違和感がありますよね。

ブランドイメージに馴染めるような服装を目指しましょう。

コチラ

服装で迷ったときは、派遣会社の営業担当や勤務先の上司へ素直に相談してみてくださいね。

着丈のバランスに気をつける

ブランドのテイスト

最期に、洋服を選ぶときに絶対に気をつけたいのが「着丈」です。

インナーでもアウターでも着丈が合っていないと、全体的にアンバランスなコーディネートになってしまいます。

もちろんブランドのテイストに合わせることが大前提ですが、基本的には着丈はスッキリとさせましょう。

着丈がぴったり合っていれば、あらゆるボトムとも合わせやすくなりますし、お客様からの印象もとても良くなりますよ。

テヘペロ

あえて大きめサイズで着るようなブランドもありますが、基本的にはジャストサイズで着ることが正解ですよ。

メイクが下手でもショップスタッフになれる

化粧直しをしている女性

ショップスタッフとして働くときは、自分自身のメイクも気になりますよね。

しっかりメイクがいいのか?ナチュラルメイクがいいのか?

そもそもメイクに苦手意識を持っている人も少なくありません。

どんなメイクが適しているか、具体的に見ていきましょう。

ケバすぎNG!ナチュラルメイクが基本

アパレル業界と聞くと、華やかなイメージを持つ人が多いですね。

最新のファッションに身を包み、流行りのメイクでお店に立つ。

そんなキラキラした印象が一般的です。

ですが、アパレルのショップスタッフの仕事は接客業。

お客様に気持ちよくお買い物をしていただくことを一番に考えることが重要です。

若年層をターゲットとした一部のブランドや、個性の強いデザイナーズブランドを除いてはナチュラルメイクが基本。

派手なメイクはお客様に威圧感を与えてしまったり、話しかけにくい雰囲気を作ってしまうなどの恐れがあるので避けるようにしましょう。

適度にトレンドを取り入れつつ、ナチュラルなメイクを心がけるのがポイント。

上質なものを扱う高級ブランドほど、販売員はナチュラルでシンプルな傾向があります。

販売員という仕事の立ち位置をしっかりと理解した結果だと言えますね。

ポイント!

いくつかのブランドのショップを回ってみて、ショップスタッフがどんなメイクをしているのかチェックしてみると参考になりますよ。

凝ったメイクは必要ありません

メンズブランドのアパレルショップ

メイクが苦手だと悩んでいる人は、さまざまなアイテムを駆使した、しっかりメイクが必要だと勘違いしていることも多いです。

先ほどもお話ししたように、アパレルショップで働く場合はナチュラルメイクが基本です。

特別なメイクのテクニックなんて必要ありません。

派手なメイクではなく、優しい印象のメイクを心がければどんなブランドでも対応できるのでおすすめです。

コチラ

ショップスタッフとして働くといえど、自分らしく普段通りのメイクで問題ありませんよ。

ショップの先輩をお手本にするのが一番

担当するブランドによって、ブランドの雰囲気というものが異なります。

それによってショップスタッフの雰囲気もさまざま。

どんなメイクをすればいいかわからないときは、ショップの先輩スタッフをお手本にするのが一番です。

はじめは基本的なナチュラルメイクをし、徐々にそのブランドの雰囲気に合うようなメイクにしていけば問題ありません。

スタッフ同士のコミュニケーションにもなりますので、先輩スタッフにどんどん質問していくのがおすすめです。

ヤッター

どんなポイントに気をつけてメイクをしているのか、どこの商品を使っているのかなど、色々と教えてもらいましょう。

ノーメイクはNG!身だしなみは重要

陳列された洋服

ナチュラルメイクでいいと言っても、決してノーメイクでいいというわけではありません。

女性にとってメイクは身だしなみの一つです。

ノーメイクでお客様の前に立つのは失礼にあたりますので注意しましょう。

ほどほどに、身だしなみとしてメイクをするのは接客業としてとても重要なポイントです。

ダメー!

ナチュラルメイク=すっぴんではありません。身だしなみとして、最低限のメイクは心がけましょうね。

トレンドチェックは忘れずに

アパレルショップで働く上で、ファッションのトレンドを把握しておくのはとても大切です。

ファッションとメイクにはワンセットとして考えるのが一般的。

ファッションのトレンドだけでなく、メイクの情報もしっかりと取り入れ、自分のメイクに生かすのがおすすめです。

また、ファッション以外の知識が広がることで、接客にもバリエーションが生まれ、お客様に満足してもらえる素敵なショップスタッフになれます。

ファッション雑誌を見るときも、洋服だけではなくメイクに関しても注目してみましょう。

モリモリ

トレンドはどんどん変わっていきます。ファッションを仕事にする以上、トレンドチェックは欠かさないようにしましょうね。

ショップスタッフの髪型はどこまで自由か

服装やメイクに加えて、髪型について気になっている人も多いのではないでしょうか。

アパレルのショップスタッフとして働く場合、一般的に髪型や髪色は自由となっていることが多いです。

ファッションを売る仕事なので、洋服はもちろんのこと、髪型やメイクなどおしゃれをすることができます。

おしゃれを楽しむのが好きな人には向いている仕事といえますね。

ただし自由と言っても、身だしなみと同じように守るべきルールや気をつけるべきポイントもあります

どんなところに注意すべきか、具体的に見ていきましょう。

うーん

オフィスワーク系の仕事だと、社内のルールが厳しかったり、自由におしゃれを楽しめないことも多いですよね。

トレンドに合ったおしゃれさが大切

メイクをなおしている女性

ファッションを売ることが仕事であるショップスタッフは、おしゃれ好きな人も多く働いています。

とはいえ、単に自分の好みだけで個性的な髪型や髪色にするのは避けるべきです。

ブランドのジャンルによりますが、髪色を真っ赤にしたり、モヒカンやドレッドといった奇抜な髪型にしたり、個性に走りすぎるのはNGと考えましょう。

そのときのトレンドや、一般的なスタンダードから大きくはずれた髪型だと、場違いな雰囲気を与えてしまうので注意しましょう。

きちんと髪型のスタンダードやトレンドのポイントを押さえてさえいれば、ある程度広い範囲で髪型や髪色は自由。

髪型やファッションに関して、ルールに縛られ過ぎないのがショップスタッフの仕事の魅力の一つです。

注意!

髪型の自由度が高いといっても何をしても許される、というわけではないので注意しましょうね。

あくまでもブランドの雰囲気に合った髪型を

髪型などファッションに関係するものはある程度自由だというお話をしましたが、忘れてはいけないことがあります。

それは、ショップスタッフの仕事は接客業だということ。

おしゃれをするのは必要なことですし、全く問題はありませんが、担当するブランドのイメージやテイストとマッチしない髪型は控えるべきです。

お客様からすると、ショップスタッフはそのブランドをイメージするのに分かりやすいツールのようなものです。

担当ブランドの洋服を着て販売するショップが多いのはそういう意味合いもあります。

なのにショップスタッフが、そのブランドに合わない髪型や髪色をしていたら全くイメージが湧かず、むしろそのスタッフやブランドに不信感を抱いてしまう可能性もあります。

ショップスタッフという接客業を仕事にする以上、ある程度そのブランドの雰囲気に合わせた髪型や髪色にすることが必要です。

自分の好みにあったブランドを選んで働けば、自分らしい髪型ができるのでおすすめです。

テヘペロ

自分らしい髪型で働くためには、自分の好みに合ったブランドを選ぶことが大切ですよ。

働く店舗によって変わるルールに注意

銀座の百貨店

ショップスタッフといっても働く店舗の形態は様々ですし、形態によって細かいルールも変わります。

ファッションビル・百貨店・路面店などがありますが、その中でも髪型や髪色、服装に対してルールが厳しいのは百貨店。

百貨店は高級ブランドなども多く入っており、来店されるお客様の年代や層も幅が広いのが特徴です。

髪型も一般的なものであれば問題ありませんが、基本的に大人しいものが望ましいと言えます。

髪色も明るすぎるのはNGとされている百貨店がほとんどなので注意が必要です。

スタンダードなファッションや髪型が好みの人は百貨店向きと言えます。

ファッションビルや路面店は、百貨店に比べると髪型や髪色の自由度が高めなので、おしゃれが好きな人は働きやすいと感じるかもしれません。

それぞれの特徴をしっかりと把握して、自分にあった店舗を選ぶのがおすすめです。

ブランドに合ったファッションを意識しましょう

勤務先に合わせた身だしなみを意識

スーツや制服などの堅苦しい服装ではなく、私服で働けることが多いショップスタッフ。

極端な例だと、「金髪OK」「ピアスは何個つけてもOK」といったカジュアルファッションのショップもあります。

ブランドによって服務規程が細かく定められている場合もありますが、どんなファッションで働きたいかによって勤務先を選んでみるのもいいですね。

ファッションセンスに自信がない…という方は、まずは基本的な着こなしのポイントを意識してみましょう。

ショップスタッフとして経験を積んでいけば、ブランドの特徴や自分に似合うコーディネートも自ずとつかめてきますよ。

また、はじめてショップスタッフとして働くのであれば、まずは派遣の仕事からはじめてみることをおすすめします。

接客・販売の仕事が未経験であっても、派遣会社で無料の研修を受けられるなど、サポート体制が充実。

制服のあるブランドをはじめ、あなたの希望に合った職場を紹介してもらえます。

アルバイトやパートとして働くより時給も高いことが多いので、ぜひ検討してみてください。

あなたらしく働ける職場と出会えることを願っています。

アパレル・販売職に強い派遣会社

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度5.0
特徴また働きたい派遣会社No.1
対応エリア全国

iDA

アパレル派遣ならiDA
オススメ度4.0
特徴取扱ブランド数No.1
対応エリア全国

セントメディア

セントメディア
オススメ度3.5
特徴優良派遣事業者に認定
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件