アパレルのショップスタッフとして働くことに憧れる人は多いですね。

ですが、「アパレルの仕事はキツそう…」「立ち仕事で足がむくみそう…」など、ネガティブな印象をお持ちの方が多いのも事実です。

アパレルの仕事はどんなところがつらいのか、具体的な仕事内容と大変なポイントについて詳しく解説します。

アパレルのショップスタッフの主な仕事内容

ショップスタッフの仕事といわれると、まず思いつくのは「接客・販売」ではないでしょうか。

接客・販売も大切な仕事ですが、ショップスタッフとして働く場合、大きく分けて3つの仕事があることをご存知でしょうか。

具体的にどんな仕事内容があるのか、詳しく見ていきましょう。

最も重要なお客様への接客と販売

接客・販売

「販売員」という職業名にもなっている、ショップスタッフにとって一番重要な仕事です。

店舗に来るお客様に自分の担当するブランドを知ってもらい、お客様の好みや目的に合わせたコーディネートを提案します。

お客様と交わす様々な会話の中から、提案に必要な情報をピックアップし、そのお客様に適したコーディネートを提案し、買い上げにつなげるのがこの仕事です。

提案力がとても重要になる仕事なので非常に頭を使いますが、経験を積んでいくことで情報収集能力やコミュニケーション能力が養われます。

ポイント!

おしゃれやファッションが好きな方はもちろん、人と話すことが好きな方にとってもショップスタッフはやりがいを感じられる仕事ですよ。

店舗運営に欠かせない商品管理

商品管理

販売と同じくらい大切な仕事として、商品管理の業務があります。

たとえば店舗に商品が納品されるとまずは検品を行い、ストックを整理したり、在庫台帳も記入していきます。

ときには返品を受け付けたり、時期によっては棚卸を実施、商品陳列やディスプレイも日常的に業務が発生します。

いずれも一見地味な仕事に見えますが、商品管理の仕事がないと店舗運営は成り立たないくらい重要な仕事なのです。

そして一言で商品管理といっても、そこから更に2つに分類されます。

在庫管理

まず納品から検品、返品や棚卸し、在庫台帳の記入とストック整理については、総合的に店舗の在庫を管理する仕事です。

日々当たり前のように対応することになる仕事なので、迅速かつ、正確にこなしていくことが求められます。

商品陳列

そして次に商品陳列、ディスプレイの仕事です。

商品がより魅力的に見えるよう配置を決めたり、クリスマスやバレンタインなど、シーズンごとのイベントに合わせてディスプレイを作る仕事です。

発想力や分析力が求められる仕事で、クリエイティブな一面を持っています。

在庫管理と商品陳列、いずれもやりがいのある仕事で、ショップスタッフとして経験を積んでいけば着実にスキルが身に付いていきます。

テヘペロ

慣れないうちは難しさを感じると思いますが、自分のアイディアや発想を形にしていけるのは楽しいですよ。

売上増加につながる顧客管理

顧客管理

お得意様カルテの管理、DMやメールの作成などの顧客管理に関する仕事です。

ショップスタッフとして働いていると、馴染みのお客様ができてきます。

そういったお客様に名前や住所や電話番号などをカルテに記入していただき、店舗で管理をします。

担当したショップスタッフがお客様の好みやサイズなどの情報をカルテに書き込んで把握することで、次回以降来店した際にスムーズな接客ができるようになります。

そしてそのカルテを使用して、ブランドのイベントや新作が入荷した際などにお客様にハガキやメールや電話などでアプローチをします。

店舗に固定客をつけるために欠かすことのできない仕事で、お客様に対しての細やかなフォローアップにも大変役立ちます。

お客様の個人情報が含まれるため、顧客情報は厳重に管理しなければなりません。

そのため決められたルールを遵守し、正確かつ慎重に取り扱うことが重要です。

うーん

個人情報は慎重に扱いましょう。お客様の情報が書かれた書類を紛失しただけで、大きなトラブルに発展することがありますよ。

ショップスタッフはキツイといわれる主な理由

ではなぜ「ショップスタッフの仕事はキツイ」といわれることがあるのでしょうか。

主なポイントを以下に整理してみました。

  • 商品知識など覚えることが多い
  • ショップスタッフは力仕事も多い
  • 店舗で立っている時間が長い
  • 仕事に着ていく服装に悩む
  • 周りと休みを合わせづらい

それぞれについて順を追ってご説明します。

商品知識など覚えることが多い

たくさん陳列されている洋服

ショップスタッフの仕事は、毎シーズン違った商品を扱います。

そのシーズンのトレンドやブランドのコンセプトによって毎回少しづつ変わるので、その分覚えることが多いです。

トレンド情報だけでなく、使用している素材の特性や商品のディテールなどの知識もシーズンごとに覚える必要があります。

ただ、ファッションの基本というのは変わらないので、土台の知識に新しい情報を更新していくという方が近いと思います。

「覚える」ということは自分の「スキル」になっていきます。

無駄なことは一つもありません。

ポイント!

洋服の素材にこだわりのあるお客様もいます。どんな質問にもすぐに回答できるようになりたいですね。

重たい荷物を持ち運ぶことも多い

力仕事が多い

ショップスタッフと聞くと、綺麗な洋服を着て、綺麗なお店でお客様とお話をする華やかなイメージが強いのではないでしょうか。

ですが実は裏方のような仕事もたくさんあります。

特に納品や返品のときに、商品がたくさん詰まったダンボールを移動させるのはなかなかの力仕事です。

セール時期や季節の変わり目になると、毎日のようにたくさんの荷物が届きます。

そんな裏方のような仕事があるからこそ、お店で華やかな接客・販売の仕事ができるのです。

注意!

洋服がたくさん詰まったダンボールは見た目以上に重たいですよ。腰を痛めないように気をつけてくださいね。

店舗で立っている時間が長い

立っている時間が長い

ショップスタッフの仕事は基本的に立ち仕事です。

休憩時間以外はほとんど立ちっぱなしです。

慣れていないと足が痛くなったり、むくんで足がだるくなったりします。

聞くだけだと、とてもつらいことのように感じるかもしれませんが、これは慣れます。

むしろ1日のほとんどを立って過ごすことで、スタイルアップにもつながります。

ショップスタッフとして活躍する先輩たちはむくみ解消の方法を知っていたりしますので、コミュニケーションを兼ねて話を聞いてみることをおすすめします。

テヘペロ

立ち姿がきれいな女性は素敵ですよね。最初は大変でも少しずつ慣れていくので安心してください。

仕事に着ていく服装に悩む

服装に悩む

ショップスタッフは私服販売といって、制服ではなく担当ブランドの洋服を着たり、そのブランドの雰囲気にあった服装で行います。

初めは何を着たらいいのか毎日悩むかもしれません。

基本的には、そのブランドの洋服を支給または従業員価格でとても安い金額で購入できるので、それを着て仕事をするのがほとんどです。

コーディネートに迷ったときは、店舗のスタッフや上司に相談してみるのもいいですね。

店舗によっては制服を支給しているブランドもあります。

店舗で働く際の服装がどうなるかは、派遣会社の担当者にきちんと確認しておきましょう。

ヤレヤレ

従業員割引があったとしても、一度にたくさん購入すると結構な出費になってしまいますよ。

周りと休みを合わせづらい

休みが合わない

ショップスタッフの仕事は、世間が休みの日こそ稼ぎどきです。

そのため休みは平日になることが多いです。

自分の周りに土日休みの人が多いと、休みがなかなか合わず会える回数が減ってしまうこともあります。

最初は不満に思う人もいるかもしれませんが、平日休みにはそれ以上のメリットがあります。

渋滞に巻き込まれることも少ないですし、どこにいってもスムーズに過ごすことができます。

それに、土日でも早めに希望を出しておけば休みが取れるところも多いです。

「どうしてもここは休みたい」と思ったときは、派遣会社の担当者や勤務先の上司に相談してみましょう。

うーん

セールの時期は土日に休みを取ることが難しいかもしれません。早めにシフトの希望を出すようにしましょうね。

ショップスタッフは体力がなくても活躍できる

ショップスタッフの仕事は、一日中ほぼ立ちっぱなしの仕事なので、慣れないうちは疲労感を感じることが多いかもしれません。

納品や返品、棚卸しなど、お客様との接客以外の仕事も多く存在します。

比較的体力を必要とする仕事に思われがちですが、他の仕事と比べて融通のきく点も多いのです。

体力に自信がない人でも、仕事の流れやコツをつかめばショップスタッフとして活躍できますよ。

順を追って詳しくご説明していきます。

ショップスタッフはこまめに休憩が取れる

コーヒーを飲んでいる女性

ショップスタッフの仕事は、細かく複数回休憩に行く職場が多いです。

もちろん働くショップによって休憩の取り方は様々ですが、一般的にはそのような流れのショップが多いですね。

休憩を取る回数が多くなる理由は、ずっと立ちっぱなしの仕事ということも影響しています。

特に慣れるまでの間は、上司の配慮で休憩を多めに取らせてもらえることも。

こまめに休憩が入ることでリフレッシュできるため、体力に自信のない人も無理のないペースで仕事に慣れていくことができます。

派遣社員として働く場合、休憩時間は契約内容に左右されるため、事前に派遣会社の担当者としっかり確認しておくことをおすすめします。

ポイント!

アパレルの仕事は好きですが、あまり体力に自信がありません…と正直に伝えておくことが大切ですよ。

シフト制の出勤で疲れがたまりにくい

自宅で明るい朝を迎えた若い女性

一般的なオフィスワークなどの場合、平日5日間はずっと仕事ということがほとんどですね。

その点、アパレルのショップスタッフの場合、基本的にシフト制で休みを回します。

シフトの調整次第ではありますが、大体3〜4日に1回は休みを取ることが多いです。

シフト制の良いところは、コンスタントに休みを取れるというところ。

5日間連続で働く必要が無いため、疲れが取れやすく、また疲れがたまりにくいとも言えます。

アパレルの仕事が初めての方は特に、3〜4日ごとに休みを取れたほうが、仕事のペースをつかんでいきやすいですよ。

ヤレヤレ

仕事に慣れないうちは、精神面でもストレスがたまって疲れやすくなっています。休めるときにしっかり休みましょう。

極端に力が必要とされる仕事はない

ショップスタッフの仕事には納品や棚卸しなど、荷物を運ぶ仕事もあったりしますが、極端に力が必要とされる仕事はありません。

商品のたくさん詰まったダンボールを持ち上げたりすることも、何度かやっていくうちにコツをつかめるようになります。

一人ではどうにも持ち上げられないような重たい荷物が届いたときは、他のスタッフと協力して持ち運ぶことになります。

不得意な仕事があったとしても、チームで支え合いながら仕事を進めていくところも、ショップスタッフとして働くことの魅力のひとつです。

モリモリ

大型のアパレルショップだと、毎日大量にダンボールが届くことも。他のスタッフと協力しながら仕事を進めましょうね。

どうしても難しい場合は事前に伝えておく

シックな雰囲気のアパレルショップ

体力がなくても働けるといっても、どうしてもできない仕事があるときは、きちんと事前に伝えておくことが大切です。

たとえば腰に持病がある場合、重い荷物を持ち上げることは極力避けたいですよね。

何も伝えず、無理をして症状が悪化してしまっては、自分だけではなく周りのスタッフにも迷惑をかけてしまいます。

苦手な仕事、できないことを事前に伝えていれば、その点を考慮して仕事の分担を考えてくれます。

持病のことを話したら働かせてもらえないのでは…?と心配になる気持ちもわかりますが、何よりも体が一番大切です。

勇気を出して話してみましょう。

テヘペロ

誰にだって苦手な仕事はあります。隠したり、ウソをつくことは良くないですよ。

大変な面を理解した上でショップスタッフに挑戦を

かわいく配置されたアパレル商品

アパレルのショップスタッフ特有のつらさをご紹介しましたが、どんな仕事も大変なことやつらいことはあります。

それでもアパレルの仕事をやってみたい!と思う方は、まずは派遣社員として働いてみることをおすすめします。

いきなり正社員を目指すのはハードルが高いですし、アルバイトやパートは時給の低さがネックになります。

派遣なら希望に合った店舗やブランドを選べて、働く時間帯や出勤曜日も柔軟に調整できることがほとんど。

派遣会社によっては、ショップスタッフに必要な知識を学べる研修を無料で開催しています。

勤務先でつらいことや大変なことがあったときも、気軽に相談できる派遣会社の担当者は心強い存在です。

派遣会社をうまく活用することで、希望にピッタリの仕事を探せますよ。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

アパレル・販売職に強い派遣会社

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度5.0
特徴また働きたい派遣会社No.1
対応エリア全国

iDA

アパレル派遣ならiDA
オススメ度4.0
特徴取扱ブランド数No.1
対応エリア全国

セントメディア

セントメディア
オススメ度3.5
特徴優良派遣事業者に認定
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件