派遣のお仕事相談

数ある派遣の仕事の中でも、アパレルやファッションの仕事は安定的に人気のある仕事です。

未経験からチャレンジできる求人が多いのも魅力ですが、具体的な仕事内容について詳しく知らない方も多いですね。

店舗での接客・販売はわかりやすいですが、その他にもたくさんの仕事があります。

アパレル・ファッションの世界にはどんな仕事があるのか、詳しくご説明します。

様々な職種に分かれるファッションの仕事

ファッションの仕事

アパレル・ファッションの仕事は、さまざまな職種に分かれています。

  • ブランドの商品デザインを作り出すデザイナー
  • デザインを商品化するために型紙を起こすパタンナー
  • お店に立ち、お客様に商品を提案し販売するショップスタッフ など

それぞれしっかりとした役割があり、どれか一つ欠けても成立しない仕事です。

ではアパレル・ファッションの仕事について詳しく見ていきましょう。

デザイナー

デザイナー

デザイナーは、ブランドのコンセプトとトレンドをうまく融合させ、ブランドのシーズンテーマを決めます。

市場の動向やニーズを読む力と、感性や独創性が強く求められます。

テーマに沿ってイメージされる服のデザインを一から作り出し、デザイン画にまとめていきます。

デザインに合った生地やボタンなどの付属品も選定します。

パタンナーへの指示、メーカとの予算のすり合わせ、服に合った生産工場選びなどを行うこともあり、デザイナーには豊富な知識が必要です。

テヘペロ

洋服のデザインって憧れますが、実際にお仕事として担当することになると、すごく大変そうですよね…

パタンナー

派遣のお仕事相談

服の「設計図」となる型紙を起こす仕事を担っているのがパタンナーです。

デザイナーが描いたデザイン画をもとに、商品として立体的な設計をしていきます。

デザインのイメージを損なわないよう、素材の特性や技術などもプラスして考えなければならないため、高度な技術と豊富な知識が必要になります。

生産工場とのやり取りもパタンナーの重要な役割です。

プレス

アパレル・ファッション業界では広報担当のことをプレスと呼びます。

ファッション雑誌への商品の貸し出しや、雑誌に掲載される広告ページの企画を任されています。

その他に映画やテレビ番組への衣装協力や、タレントへの衣装提供に関してもプレスが行います。

シーズンごとに作られるカタログの作成も行います。

ブランドをマーケットに売り込んでいくことが仕事なので、感度の高さや感受性の良さが求められます。

ポイント!

ファッション雑誌を見ていると、各ブランドのプレス担当の方が出てたりしますよね。皆さんオシャレなので憧れちゃいます。

マーチャンダイザー(MD)

マーチャンダイザーは、商品開発、販売計画、予算管理などブランドの利益に関することを総合的に管理します。

マーケットのニーズやブランドの動向をしっかりと調査し把握した上で、売り上げの分析を行い、販売計画を立てていきます。

売り上げに大きく関係する、商品の生産数量や生産時期を決めるのもマーチャンダイザーの重要な役割です。

生産管理

派遣社員の働き方

商品品質、生産コスト、納期などの商品を作るすべての工程を任せられているのが生産管理です。

生産工場に対して指示を出したり、品質をチェックしたりと工場側とのやりとりを一貫して行なっています。

品質を守りながら、ローコストを実現することが必要で、ブランドの利益に直結するとても重要な役割です。

物流(商品管理)

派遣のお仕事相談

物流(商品管理)は、アパレルメーカーが持つ倉庫での商品管理を任されています。

生産工場から上がってきた商品は一度すべて倉庫に送られます。

入荷した商品の検品をして、営業からの指示通り各ショップへ出荷します。

仕分け、保管、生産工場への返品処理なども物流(商品管理)が行います。

営業

百貨店や量販店などに営業活動をするのが営業の仕事です。

取引先との円滑なコミュニケーションを図ることが必要です。

また各ショップの状況を把握し、売り上げを伸ばすための施策を練ったりもします。

ショップスタッフのモチベーションを高める力や、ショップスタッフ一人一人への細やかなフォローも営業にとって必要な能力です。

モリモリ

アパレル・ファッション業界の営業さんは、皆さんおしゃれでカッコイイ印象が強いです。

ショップスタッフ(販売員)

派遣のお仕事相談

店舗に立ち、お客様にコーディネートの提案を行いながら販売をし、売り上げを作ることがショップスタッフの仕事です。

お客様と一番近い距離にいるショップスタッフは、そのブランドの顔とも言えます。

入荷処理、商品陳列、ディスプレイ、在庫管理、棚卸し、返品処理などの商品管理業務と、顧客データの作成や、顧客に対するアプローチなどの顧客管理業務があります。

百貨店の担当マネージャーとの現場でのやり取りもショップスタッフが行います。

お客様に適切な提案をするためには、しっかりとした商品知識が求められます。

注意!

簡単な仕事に思われるかもしれませんが、あらゆるお客様との対応が求められる、責任感ある仕事ですよ。

アパレルの仕事選びで失敗しないコツ

ファッション業界で働いてみたい!と思っても、ブランドや店舗によって扱う商品は様々ですし、求められる仕事内容も大きく変わってきます。

ショップスタッフの仕事に限った話ではありませんが、誰だって自分の希望に合った職場で働きたいですよね。

アパレル・ファッション業界における仕事の選び方についても詳しくご説明します。

アパレルのブランドは多岐にわたる

どんなブランドで働きたいか

アパレルやファッション業界のブランドには様々な種類があります。

  • カジュアルウエアブランド
  • デザイナーズブランド
  • 高級ラグジュアリーブランド
  • スポーツウエアブランド
  • バッグブランド
  • シューズブランド など

ここに挙げたものに限らず、ブランドの種類は多岐に渡ります。

カジュアルウエアブランドで働きたいと思っている人が、高級ラグジュアリーブランドに配属されてしまったら、きっと長続きしません。

それだけブランドによる違いが大きいということなのです。

ブランドが変わると、ターゲットとする年齢層も大きく変わりますし、求められる接客の内容やクオリティも変わってきます。

どんなブランドの仕事に関わりたいのか、自分自身の考えをしっかりと持つことが大切です。

ポイント!

まずは自分自身が普段着ている服装に合わせてブランドを選んでみることをおすすめします。

レディースブランドの特徴

レディースブランドの特徴

アパレルの仕事を選ぶとき、レディースブランドとメンズブランドで迷う人も少なくありません。

レディースブランドの場合、当然のことながらお客様も一緒に働くスタッフもほぼ女性です。

元々好きだったブランドで働くことができれば、日頃から自分が身につけていたものを扱うことになるため、お客様に近い感覚で接客することができます。

接客の仕事が初めてという人も、比較的すぐに業務に慣れることができるでしょう。

また、同性のスタッフがほとんどのため悩みを打ち明けやすかったり、気持ちが分かりやすかったりと良い点が多いです。

ただ、女性の多い職場ゆえに働きにくさを感じる人も中にはいます。

コチラ

商品知識などは覚えやすいですが、女性の職場特有の苦労があることも。良好な人間関係を築ける職場で働きたいですね。

メンズブランドの特徴

メンズブランドの特徴

メンズブランドの場合、お客様のほとんどは男性ですし、店舗で働くスタッフも約8割は男性です。

昔に比べると、今はメンズブランドでも女性のスタッフが多くなりました。

スーツの着こなしやネクタイの結び方など、メンズファッションの基礎知識やマナー、ファッションの歴史なども身につける必要があります。

初めて知ることも多いと思いますが、少しずつ学んでいけばすぐに業務に慣れることができますよ。

また、男性が多い職場の場合、ドロドロとした人間関係は滅多にありません。

女性の多い職場に疲れた方や、さっぱりとした雰囲気の職場で働きたい方にはおすすめです。

ヤッター

女性の目線からコーディネートのアドバイスなどができると、喜んでもらえることも多いですよ。

どこの店舗・ショップで働きたいか

どこで働きたいか

アパレルの仕事を選ぶうえで、どこで働くかという点もとても重要です。

たとえば東京都内であれば、原宿は若者の街ですが、銀座は大人の街というイメージが強く、街に合わせたショップが多く展開しています。

百貨店やショッピングモール、路面店など、お店の立地によって客層は大きく変わります。

また、毎日通うことになるため、無理なく通える距離がいいですよね。

もちろん通勤に多少時間がかかったとしても、自分の好きなブランドであれば選ぶ価値はあると思います。

ただ派遣社員として働く場合、時給が高めに設定されている分、交通費が支給されないケースが多いです。

自分自身のやりがいと、金銭的な部分のバランスを考えながら仕事を選びましょう。

うーん

交通費が支給される仕事もありますが、時給は少し低めに設定されていることが多いですよ。

多岐にわたるアパレル・ファッションの仕事

アパレル・ファッションの仕事

職種、ブランドなど、アパレル・ファッション業界の仕事は多岐に渡ります。

デザイナーやパタンナーなどは知識とスキルが求められますが、ショップスタッフは未経験からでもはじめやすいです。

ファッションの仕事に興味をお持ちなら、まずはショップスタッフの仕事からはじめてみてはいかがでしょうか。

接客や販売の経験がない方は、まずは派遣の仕事からはじめてみることをおすすめします。

初心者向けの研修を無料で実施している会社もありますし、あなたの希望に合わせて求人を紹介してもらえます。

万が一店舗の雰囲気が合わなかったとしても、契約更新のタイミングで別の職場へ変わることもできますよ。

アパレル業界に強い派遣会社をうまく活用しながら、あなたの希望に合った仕事を見つけましょう。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件