スマホを操作している若い女性

派遣会社への登録はいつ行うのが良いのかご存知でしょうか。

もちろん登録自体は1年中いつでもできますが、時期によって選べる求人数が変わったり、時給に差が開くことも。

一番のおすすめは2月と3月。

今回は、派遣会社への登録は2月と3月がおすすめな理由について詳しく解説していきます。

派遣登録は2月か3月がおすすめな理由

派遣会社への登録は、1年の中でなぜ2月と3月がおすすめなのか。

理由は大きく2つです。

  • 派遣会社の求人数が増える
  • 時給の高い求人が見つかる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

派遣会社の求人数が増える

説明中のスタッフ

派遣会社には年間を通して多種多様な求人が集まっていますが、最も求人数の増える時期が2月から3月にかけての時期なのです。

どうして2月から3月に求人数が増えるのかというと、4月の年度初めに合わせて人が大きく動くからです。

細かく見ていきましょう。

部署異動や転勤の発生

大手企業を中心に、4月は部署の移動や転勤が多数発生する時期です。

部署によっては異動によって人が足らなくなるため、4月に備えて2月や3月から求人を募集するのです。

2月や3月に派遣社員の募集をかけていれば、余裕を持って4月から就業を開始することができます。

社内の人事異動が多いからこそ、派遣求人も増えやすいのです。

コチラ

異動や転勤が多い時期なので、引越し業者や不動産会社もこの時期はとても忙しくなりますね。

新年度の予算増加

大量に置かれた書類

派遣求人が増える理由としては新年度の予算も大きく関係しています。

多くの企業は人件費の新規予算を4月から開始するため、派遣社員の採用枠の増減を2月から3月に決定しています。

例を挙げると、4月から動き出す新規プロジェクトの採用予算が2月に確定したことで、派遣社員の求人募集をかけるといった具合です。

会社の業績が良くない場合、人件費が削減されて派遣求人が減るという場合もあります。

ヤッター

一般事務やコールセンターなど、春にかけて人気の求人がとても増えますよ。

既存派遣社員の離脱

派遣社員として働いている方の中には、別の職場に移りたいと考えている人も少なくありません。

4月から新しい職場で働こうと、3月末で契約を更新しない方も多いのです。

今まで活躍していた派遣社員が契約終了となると、その穴埋めをするために企業は新しい派遣求人を派遣会社に依頼することになります。

旦那さんが転勤になり、仕事を続けられなくなった、という方も増える時期です。

派遣社員にも動きの多い時期のため、新しい求人が出やすいのです。

ポイント!

もっと条件の良い職場で働きたい、と仕事を切り替える人が多くなる時期でもありますね。

時給の高い求人が見つかる

笑顔でパソコンを操作している女性

2月と3月に求人案件が増えるということは、派遣会社にとって1年間で最も頑張らないといけない時期であるともいえます。

取引先から求人の依頼を受けても、派遣できるスタッフがいないと売上が立たなくなってしまいます。

派遣できるスタッフがいないということは、派遣会社にとって取引先との信用・信頼問題にもなりかねません。

特に大手企業は複数の派遣会社と取引をしていますから、スタッフを派遣できないことになると、ライバル企業にシェアを奪われてしまうリスクもあるのです。

つまり派遣会社にとって、2月と3月は案件数に見合う新たなスタッフを獲得しなければいけない、プレッシャーの掛かる時期といえます。

少しでも登録スタッフが集まるようにと、この時期は時給も高めに設定されることが多いです。

5月や6月になると時給が100円から200円も下がることもあります。

少しでも条件の良い仕事を見つけたいなら、2月から3月の時期を逃さないようにしましょう。

ヤッター

せっかく派遣社員として働くなら、少しでも時給の高い仕事に就きたいですよね。

時給アップのコツは複数の派遣会社への登録

社内で打ち合わせ中の男女

2月から3月にかけて、少しでも時給の高い仕事を見つけたいなら、複数の派遣会社に登録しましょう。

同じ派遣先、同じ業務内容でも、派遣会社によって時給に100円以上差があることも少なくありません。

1つの派遣会社にしか登録していない場合、派遣会社からの言い値で契約してしまうことになります。

複数の派遣会社に登録しておけば「他社から時給○円を提示されているので迷っている」と伝えて、時給の交渉をすることもできるでしょう。

特に経験が豊富な方、スキルに自信がある方は、多少強気に交渉してみてもよいでしょう。

テヘペロ

経験の浅い方、派遣の仕事が初めての方は、謙虚な姿勢で臨むようにしましょうね。

派遣会社を切り替えることのデメリット

既に派遣会社で社会保険に加入している場合、別の派遣会社へ切り替えると社会保険の切り替えが必要になります。

半年以上勤務して有給休暇の権利を取得していた場合も、派遣会社が変わると消滅してしまいます。

社会保険や有休の有無は人それぞれなので判断が難しいところですが、状況次第では派遣会社を切り替えないほうがいい、という場合もあるのです。

複数の派遣会社に登録しておくことはメリットもありますが、既に半年以上勤務している場合はデメリットが発生することも理解しておきましょう。

少しでも時給の高い派遣会社へ切り替えるか、多少時給は低くても同じ派遣会社で働き続けるかは、よく考えて判断しましょう。

Web登録なら登録会への参加不要

スマホを操作している主婦

何社も登録するのは時間がかかるし面倒くさい…という正直な方には、Web登録をおすすめします。

大手派遣会社のリクルートスタッフィングなら、登録会への参加は不要。

ネットにつながるスマホやパソコンがあれば、自宅で派遣登録が可能です。

大手派遣会社といえど派遣求人は日々変動しているため、時期によっては希望の求人がすぐに見つからないこともあります。

Web登録をうまく活用して、2〜3社の派遣会社に登録しておきましょう。

同じ仕事でも派遣会社によって時給に差があることもあるため、複数社への登録は必須ですよ。

2月と3月の派遣ピークを逃さないように

遠くを見つめる若い社会人たち

派遣登録は2月と3月がおすすめな理由について、理解を深めていただけたでしょうか。

この時期は未経験可の求人や、特別な資格を必要としない求人も増えるため、新しい仕事に挑戦したい方にとってもチャンスといえます。

仕事内容、条件面ともに自分にぴったりの仕事と出会える可能性の高い時期なので、チャンスを逃さないように早めに準備をしておきましょう。

また、場合によっては派遣先の都合で3月末で契約を打ち切られる、ということもあります。

2月頃から他の派遣会社に登録しておけば、万が一3月末で契約が終了になったとしても、余裕を持って次の仕事を探すことができます。

4月から気持ちよく仕事をスタートできるように、あらかじめいくつかの大手派遣会社には登録を申し込んでおきましょう。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件