毎年まとまった休みを取って海外旅行へ行くための働き方

社会人になると、なかなかまとまった休みを取るのは難しくなります。

どこかへ旅行に行こうと思っても、休みが取れるのはゴールデンウィークやお盆、年末年始などのピーク時のみ。

年末年始の海外旅行なんて、航空券や宿泊代など、とてつもなく高額になってしまいますね。

お金が高くても旅行したい!という気持ちも理解できます。

でも叶うことなら出費を抑えて、人の少ない時期に旅行を楽しみたいですよね。

1泊2日の国内旅行ならピーク時をずらして行くこともできますが、海外となると話は別。

年に1〜2回は海外旅行に行きたい!という方は、派遣社員として働く道を検討してみませんか。

好きなときに働いて好きなときに休む

好きなときに働いて好きなときに休む

派遣社員に対してマイナスなイメージを持っている人は少なからずいます。

正社員として働くことに比べると、雇用が安定しているとは言えませんし、ボーナスの支給もありません。

デメリットがあるのは事実ですが、派遣社員として働くことは「好きなときに働いて好きなときに休める」という大きなメリットがあります。

半年間、フルタイムでがっつり働いたら2週間休みを取って海外旅行に行く。

日本に戻ってきたら、また数ヶ月仕事をして海外旅行のためのお金を貯めていく。

派遣の仕事なら、柔軟な働き方が可能です。

渡航費が安くなるシーズンに合わせて休みを取ることもできるので、お得に海外旅行を楽しむことができます。

ヤッター

航空券やホテルが安くなる時期を狙って、海外旅行に行けたら最高ですよね。

正社員はまとまった休みを取りづらい

正社員として働くことを目指す人は多いです。

生活が安定しますし、大きな問題を起こしたり、会社の業績が急激に傾いたりしない限り、職を失う心配もありません。

しかしながら、休日出勤や残業ばかりで有給休暇を取りづらかったり、まとまった休みを取れない職場が多いことも事実。

毎年きちんと有給休暇を取れるような優良企業に正社員として勤めている方であれば、特に気にする必要はありません。

しかしそうではない場合、海外旅行をはじめとした趣味を充実させたい人にとって、正社員として働くことは必ずしもベストとは言えません。

ヤレヤレ

昔は正社員こそ正義!といった風潮がありましたが、今は働き方を自由に選べる時代。正社員がすべてではありませんよね。

スキルと経験があれば高収入も目指せる

それでも派遣社員で働くと、手取りの給料が少なくなるんじゃないの?と心配される人も多いでしょう。

確かに時給が1,000円前後の求人も多いですが、時給2,000円以上の求人もたくさんあります

専門性の高いスキルと豊富な経験があれば、時給の高い求人にも応募できるようになります。

エンジニアなどの技術系求人は特に、2,000円代後半から3,000円を超える時給も少なくありません。

たとえば時給2,000円の仕事に就ければ、1日8時間働いて日給は16,000円です。

月20日働けば、額面給与は320,000円。

社会保険料、所得税、実費交通費を差し引いて、手取り給与は270,000円前後といったところでしょうか。

お住いの地域や生活スタイルによりますが、手取りが月27万円あれば貯金もできますし、趣味にお金を使うことも十分できるはずです。

無駄遣いをしないことが前提となりますが、数ヶ月働いたらまとまった休みを取るという働き方も実現可能です。

ポイント!

スキルを磨くのは簡単なことではありません。だからこそ高い時給が設定されているのです。

派遣社員としての働き方が向いている人

会議室で打ち合わせ中の様子

「まとまった休みを取るよりも、長期的に安定した雇用の方が大事!」

「スキルを磨いたり努力するのは面倒臭いから嫌い!」

という方は、派遣社員として働くことを選ばない方がいいでしょう。

正社員として働くのがベストなのか、派遣社員として働くことがベストなのか。

はたまたパートやアルバイト、フリーランスとして働くことがベストなのか、働き方は人それぞれです。

あなた自身が何を優先して生きていきたいのか、を明確にしておくことが大切です。

  • 雇用の安定より好きなタイミングで休めること
  • 長時間残業や休日出勤がほとんどないこと
  • 自分がやりたい仕事に集中できること など

このような思いを優先したい!と考えるなら、派遣社員の働き方はきっと向いています。

モリモリ

世間体などを気にするよりも、自分らしく働けることが一番大切ですよ。

休みを取りやすいかは派遣会社や派遣先次第

スーツケースに肘をつく女性

正社員と比べて長期休暇を取りやすい派遣社員ですが、登録先の派遣会社や派遣先によっては休みを取りづらいこともあります。

任される仕事が多く、自分が休むことで明らかに業務に支障が出てしまうような派遣先だと、なかなか休みづらい雰囲気になってしまいます。

派遣会社としても、スタッフに働いてもらわないと売上が入ってこないわけですから、あまり休んでほしくないのが本音です。

大切なことは、仕事を選ぶ段階から派遣会社の担当者とよく相談すること。

登録会へ参加したときから、年に1〜2回は1週間程度休んで海外旅行に行きたいなど、希望を伝えておきましょう。

献身的な担当者と出会うことができれば、休みを取りやすい派遣先を探してきてくれるでしょう。

評判の良い派遣会社でも、担当者によって対応に差があります。

こちらの意見を聞いてくれなかったり、対応に不満がある場合は別の派遣会社にも登録してみましょう。

長期休暇を取るタイミングはよく考えて

長期休暇を取りたいなら、タイミングを考えることも大切です。

極端な話ではありますが、仕事をはじめて数日しか経っていないのに「1週間くらい休みたい」というのは非常識です。

少なくとも業務の流れをきちんと覚えて、仕事に慣れてきたタイミングで休むようにしましょう。

また、派遣先が繁忙期であれば、極力休むことは避けましょう。

子どもが風邪を引いてしまったり、やむを得ない事情であれば仕方ありません。

職場の人達が毎日必死に働いている時期に、ひとりだけ海外旅行に行くような空気を読めない行為は避けましょう。

契約更新のタイミングで契約を終了される可能性が高くなってしまいます。

うーん

どうしても休みたいときは、派遣会社の担当者とよく相談の上で、なるべく周りに迷惑をかけない形で休みましょうね。

派遣社員も有給休暇を取得できる

正社員と比べて休みを取りやすい派遣社員ですが、そもそも派遣社員も有給休暇を取得できることをご存知でしょうか。

半年以上勤務していて、頻繁に休むこともなければ、有給休暇を取得可能です。

有給休暇を使いたいとき、誰にどのように申請すべきかは派遣会社によってルールが様々。

登録会に参加した際に説明があったはずですが、忘れてしまった方は担当者に確認してみましょう。

休み明けの出勤時はお礼やお詫びを忘れずに

上司に書類を渡している女性

希望通りに長期休暇が取れて、休み明けに出勤するときは職場の人たちへお礼やお詫びを忘れないようにしましょう。

あなたが休んだことで少なからず職場の人達に迷惑がかかっていますから、必ずお礼を伝えましょう。

特に海外旅行に行ったのなら、何かしらお土産も渡したいですね。

高価なものを渡す必要はありませんが、感謝の気持ちとしてちょっとしたものを渡せるとベストです。

また、いつまでも休暇気分を引きずることもよくありません。

休み明けに寝坊して遅刻することは最悪ですし、体調を崩してしまうことも社会人としてマナー違反。

長期休暇でリフレッシュしたなら、きちんと気持ちを切り替えて集中して仕事に取り組みましょう。

ヤレヤレ

天候不良で飛行機が遅れたりすることもあります。海外旅行から帰ってくるときは、余裕のあるスケジュールを組みましょうね。

派遣の仕事で毎年海外旅行を楽しめる生活を

家族3人で空港へ向かう

まとまった休みを取って、年に1〜2回は海外旅行へ行きたい!という方であれば、派遣社員として働くことはベストな選択といえます。

得意分野のスキルを磨いて、しっかり働いてお金が溜まってきたら長期休暇を取得、海外のリゾートでリフレッシュする。

派遣社員として働く道を選べば、そんな生き方も実現できます。

今の時代、正社員として働くことだけが絶対的な正解ではありません。

あなたのライフスタイルに合わせて、働き方も柔軟に考えてみてはいかがでしょうか。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件