仕事が見つからずに悩んでいる女性

仕事が見つからずに苦労した経験はありますか?

テレビやネットニュースでは連日のように人手不足の話題が取り上げられ、「今の時代、仕事なんていくらでも見つかる」と考えている人も多いですね。

求人が増えているのは事実ですが、誰もが希望通りの仕事に就けるほど現実は甘くありません。

とくにシングルマザーの方にとって仕事探しは大きな壁です。

このページでは、シングルマザーの方100人へ仕事探しで苦労した経験についてアンケートを実施、回答結果を整理して掲載しています。

希望の仕事が見つからず苦労されているシングルマザーの方は、ぜひ参考にしてみてください。

シングルマザーは選択肢が少ない

希望の仕事がすぐに見つからない

今回のアンケートでもっとも多かったのは、シングルマザーの仕事探しは選択肢が少ないという回答でした。

残業や休日出勤ができず、転勤もなるべく避けたい、子供が熱を出すと仕事を休まないといけないなど、いろいろな条件が重なってくると、選べる仕事が減ってしまうのは当然ですね。

さまざまな回答が寄せられたので、ひとつずつ見ていきましょう。

働く時間が制限されるため、選択肢が少なくなり、希望し、応募しても、書類審査で落とされることが多い上、面接でも子供の事や親などの協力者がいるかどうかを必ず聞かれる。主婦のパートよりは、経済的に困っているので、責任を持って仕事に取り組めるのに、シングルマザーというだけで、犬猿されることに納得がいかないことが多い。(40代以上)

働くママ応援と募集には書いてあるのに実際に面接に行くと凄く嫌な顔をされて、あげく「残業はこのくらいありますが、大丈夫ですか?」と嫌な感じで説明され、最終的に落とされた。(20代)

時間の都合や、子供の行事等に合わせると「アルバイト」「パート」でしか仕事が出来なかった。(40代以上)

土日祝日や夕方以降に働けないので、選択肢が狭まってくる。面接でも祖父母はなぜ子供の面倒を見てくれないのかと、別れた夫は何をしてるんだ、などプライベートな事まで聞かれて嫌な思いをしました。(30代)

子供が病気した時に見てくれる人がいないと、採用されにくかったり、残業がある会社には応募できなかったりするので、働ける職場が限られるのことが多いです。(40代以上)

子どもが小さい時は、働く事が難しいし、お金も収入源がない為、底につく勢いで減っていきました。ですので、実家暮らしをしながら、両親に支えられ、子育てを行いました。子供も大きくなり、保育園に預け、私はパートを始めようとしましたが、空いている保育園が少なく、一年待たされました。その後仕事探しを始めましたが、保育園で子供を預けている間だけとなると、仕事が限られてきました。後は運動会のときや行事の時に、両親が見にきている家庭ばかりの中に、母親の私しかいないこの子に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。(30代)

シングルマザーということで不利を経験することはなかったが、生活するだけの収入を得るための稼ぎを得る条件が少なすぎて困った(40代以上)

子供が小さいうちは、熱出たりしたら保育所にお迎えに行かないといけないので、早退などできるところがなかなか無くて受け入れてくれなかった。(30代)

仕事を探す条件として、土日休み、残業なしが前提だった為、仕事が選べず大変でした。やりたい仕事に就くことができず、時間を最優先する必要があった。(20代)

去年出産して1年経ったくらいから仕事を探していますが仕事の時間帯と仕事の間見てくる親の時間がなかなか合うところがなく苦労しました。(30代)

離婚した時は、子供が小学校3年生と1年生でした。頼れる実家もなく、とりあえず地元に移り住みました。私自身、持病がある為長時間働く事が出来ず、それでも、ひとり親家庭の市役所の相談員の方とハローワークに行ったり探しました。短時間でなるべく子供との時間を作りたかったので苦労しました。今思い出しても、必死でした。(40代以上)

子どもが小さいうちは、保育園によって預かってくれる時間に制限があるので、就業時間やシフトに制限があるため、仕事が見つかりにくかった。仕事が見つかっても、保育園に通っていると、どうしてもインフルエンザや水ぼうそうになりやすく、早退や休みがちになってしまうため、子どもを見てくれる人がいないため収入が少なくなってしまうのが大変だった。(40代以上)

子供が熱を出したら預けれないですし休まないといけない。子供の熱が自分にも移ってまた休みをもらわないといけないっていうのが多くて出勤したいのに中々出勤出来ない事が一番しんどい。(30代)

仕事内容によっては休みがシフト制で、日、祝休みではないこともあり、保育園が休みの日の子どもの預け先に困りました。(30代)

子供が急に熱を出したりした時やまた、参観日など休みやすい職場が中々ありませんでした。行事は前もって分かるので事前に休みの申告ができますが、病気やケガは突然が多いので、休めなくては困ります。(40代以上)

シングルマザーになってから子ども1人を育てるのにアルバイトではお金が足りなくなり職探しを始めました。仕事をしながらでしたので、面接して貰えても今の仕事で半休頂かなければいけなかったりしました。お金が稼げる仕事のスキルはもって居ましたが、基本的に残業が付きものな仕事なのでやりたい仕事、稼げる仕事も出来ずでした。(20代)

子供が小さい頃は学校に行っている時間だけ働くので、余り稼げないです。時間帯も微妙なので雇ってもらいにくかったです。(20代)

お迎えの時間、土日祝日休み希望などで選択肢が少ない。既に主婦層で同じ希望時間の方がたくさん働いているので飽きがない。オープニングスタッフの所は基本的に採用してくれると思う。(30代)

保育園や学校が休みの時や平日休みになったりするとそれに合わせて仕事も休まなければならないのでなかなか融通がきく仕事がない。病気になったりするとその都度休まなければいけないのでとても休みづらかった。(30代)

小学生の女の子二人を育てています。やはり、単価が高く、生活ができるほどの稼ぎが必要なんですが、お熱を出すこともあり、怪我もありで、お熱を出すことは二人が一度ではなく、ずれてきます。いざ働くとなると、時間が合わなかったりして大変でした。(40代以上)

子どもが就学前の時は、保育園が決まらないと仕事を決められませんでした。市立の保育園は、希望を出してあっても希望とおりに入れるとは限らず、自宅から少し距離のある保育園に入園することになると、仕事場からの距離、時間を考えないと、迎えに間に合いません。そのため、保育園が決まるまで就職できませんでした。でも逆に、仕事を決めないと保育園入園の優先順位が低くなり、ジレンマでした。(40代以上)

小学校高学年になり、手がかかることも少なくなってきたとはいえ、学校行事は平日にあります。役員の仕事も平日のことが多いです。休みを取るタイミングが難しいです。就職活動の段階で休みを取る前提の話は出来ませんので、フルタイムでの仕事探しではかなり苦労しました。(40代以上)

うーん

お金を稼ぎたいけど、子供のことを考えると残業はできない。フルタイムで働きたいのに、希望の仕事が見つからない。シングルマザーの仕事探しは大変です。

正社員で働くのはほぼ不可能

子供を見てくれる人がいないので、病気や何かの時に休まなければならないとなると、まともな正社員にもなれない。(30代)

シングルマザーである為、子どもが病気になってしまうと休まざるを得ない状況でした。なかなか正社員になれませんでした。(30代)

田舎にすんでいるため幼稚園はなく、誰でも保育園に入れます。預け先に不自由することはなかったのですが、都会と比べて保育時間がとても短い。幼稚園並みの保育時間です。通常保育が16時までのため、正社員で働くのは無理でした。シングルマザーでお金が必要なのに正社員で働けず、パートでの勤務しかありませんでした。(40代以上)

まず子どもがいるということで正社員としては働けず、パートの仕事しかないです。面接でも母子手当貰ってるんでしょなど言われました。(30代)

保育園で預かってもらえる時間が8:30~17:00までだったのでなかなか正社員での仕事を見つけるのが厳しかったです。あと、役員会議もあったり2か月に1、2回は保育園のイベントもあり休みをもらったりする事が多くてなかなか見つけられず苦労しました。当時は本当にストレスも凄く、先行きの見えない不安もあり本当につらかったです。(20代)

子供が小さいと病気をよくするので正社員にはなれずパートでしか仕事が探せませんでした。(20代)

実家に住んでいるとはいえ、私の父母も働いており、急な発熱に対応できない。子どもを保育園に預ける時間帯が限られていて、その時間までに私が仕事をあがられければいけないなどの条件がなかなか合わず、半年以上仕事が見つかるまでにかかりました。その後見つかったのですが、やはり正社員では雇ってもらえず相変わらずパートです。(30代)

シングルマザーだと子供が小さいうちは熱や風邪など頻繁に起こるため、正社員で働けずにパートで働くしかありませんでした。(20代)

子供が小さいうちは、病気の時誰が面倒を見るのかと必ず聞かれましたし、行事で休みが取れやすい仕事となると正社員ではなかなか採用がありませんでした。やりたい仕事と、現実的に出来る仕事は随分違いがありました。(40代以上)

コチラ

待遇面だけで考えれば正社員がベスト。社会保険も入れますし、ボーナスもあります。ただ、間口は狭いのが現実です。

条件の良い仕事も見つからない

ある程度の給料がもらえる職探しをしなくてはいけません。でも、そこそこの給料を貰う為には、資格等も記載してあり、自分には資格なども持っていなかったので探すのに大変でした。(40代以上)

給料や休日条件のいいものがあっても、子供が小さいうちは朝も園が始まる時間に合わせるしかなくそうすると就業開始時刻に間に合わないとか、帰りも残業すると園のお迎えの時間に間に合わないとなるので、結局その2点をクリアできる仕事となると低時給の所しかなく苦しかったです。(30代)

下の子がまだお腹の中にいるときに別れました。私も面接官を経験したことがあるから言いたいことは分かります。会社としてはなるべく休まず、会社側の要望をなるべく快諾してくれる人が良いって事だから。子どもが小さいうちはお給料の額はさておき、時間の融通が効きやすそうな職場を選ぶ事にしました。いろいろ試行錯誤しながら自分に出来そうな事を少しずつ取り入れていっています。(30代)

子供を一人で育てなければいけないのに保育園の時間と仕事の時間が合わないし女が働いても給料は微々たる物で生活はカツカツです!(30代)

ただでさえ父親かおらず寂しい思いをさせているから、子どもとの時間を大切にしたかったので5時位にお迎えに行けるところ、と思い仕事を探していました。さらに子どもの急な発熱などに理解があるところ、しかも当時はなんの資格もスキルもなく。職探しは大層難しく、結局は家族経営の小さな工場、時給もほぼ最低賃金で有給もないようなところで働いていました。(30代)

ヤレヤレ

条件の良い仕事ほど実務経験や資格の有無が問われます。未経験での応募となると、好条件は期待しづらいですね。

面接の対応が一気に厳しくなる

厳しい口調で話す面接官

条件に合いそうな求人を見つけられても、採用されるかどうかは面接次第。

母子家庭であることを面接官から質問されたとき、あなたはどのように回答しますか?

アンケートの結果からも、面接で苦労した人の多さが伝わってきました。

子供がいると土日は働けず残業も基本できず。仕事探しにも苦労します。またシングルマザーだと子供が体調を崩した時は仕事を休むしかなく、それが理由で面接を落とされたこともあります。(40代以上)

子供が病気にかかった場合、仕事を休むのかと聞かれ、回答に困りました。親なら休んで当然ですが、会社側からすると急な欠勤は困るんだろうなぁと、つくづく需要と供給は成り立たないと思いました。(30代)

3人の子供のシングルマザーです。一番末の子が保育園に預けることができるようになったので正社員として、仕事を探しておりました。ところが、応募するところするところ全て不採用となり、面接時にどこの企業も、3人もいるんだぁ。と…。とても残念でした。(30代)

保育園が18時までのところにしか入ることができなかったので、面接の時に伝えると嫌な顔をされました。残業できないなら雇えないと何回も断られました。(20代)

シングルマザーで小さな子供が居ると伝えたからか、理由は教えて貰えませんでしたが、ほぼ全滅でした。友人の紹介で保険のセールスの職に就けました。(40代以上)

シングルマザーで子供が小さく、また実家が県外の為、実家の手助けが期待できないという理由で落とされたことが何度もある。そのときは理不尽だと思ったが、実際働き出すと、保育園からは少しの発熱でも呼び出され、早退しなければならないことも多々あったので、会社としては実家の手助けがないシングルマザーの雇用を嫌がったのも仕方ないと思った。(30代)

当然ですが、土日祝日は働けず保育園の子供を預けれる時間しか働くことが出来ないのでかなり条件を見た上で面接まで行く前に電話での確認で終わることがたくさんありました。やはり定時で終われるのは公務員の施設(売店、コンビニ)などでした。(40代以上)

面接に行った時、もし子供が具合悪い時はお母さん(子供からみたらおばあちゃん)がお迎え行って面倒みてくれるの?としつこく聞かれました。仕事の穴を開けてしまうのはもちろんいけない事だけれど、子供の事で休まれる事をすごく気にしてるように感じました。ダメだろうな。と思っていたら、やはり不採用でした。(30代)

柔道整復師の免許を持っていますが2歳の子供がいてシングルマザーです。整骨院での仕事を探して面接を受けていたのですが、何処もシングルマザーというだけで、休みがちと判断されやすくなかなか免許がありながらも正社員になれなかったです。(20代)

急な呼び出しの時にどうですか?とダイレクトに聞かれた事もありました。幸い、私は私の母が近くに居てたので頼れると、どの面接先でも、私の方から先に言いました。でも、そこからやっと本面接みたいなイメージがありました。(40代以上)

会社の求人に応募して面接試験の日に子供が熱を出してしまい、その試験に行けませんでした。結果はもちろん不採用でした。かなり条件が良い求人だったのにとても残念な思いがしました。(30代)

「母子で子供が小さいと、熱が出ただの学校行事で休むっていうだろ?」と面接前に母子であることを掲示しているのに面接でそう言われ、その場で採用できないと言われたことがある。男でも女でも子育ては同じはずなのに女性で母子と言うだけで嫌な思いをした。(30代)

離婚してすぐの頃は子供の年令が4才・1才だったので、急きょの当欠やインフルエンザなど長期になる場合は頼れる者がいなかった事を毎回断る口実にされていたように思います。(連続10社落ち)(40代以上)

子供が小学校に上がる前に離婚しました。シングルマザーというだけで仕事を探すのは大変でした。「子供が小さいうちは熱が出たくらいですぐ休むんでしょ?」とか「学校行事でやすまれてもなあ・・・」みたいなことを言われて、結果採用されなかったことが何度かありました。(40代以上)

子どもがまだ小さかったこともあり夜勤の仕事ができないことを伝えるとそれは厳しいと言われ何度も面接を落とされて苦労しました。(30代)

医療事務として働き始めようとした時に子供がまだ小さかったので具合が悪くなったら誰が面倒見るのかとしつこく問われた。(40代以上)

妊娠中に仕事を退職してしまったため、産後一からの就職になりました。地方のため預けられる保育園が少なく、面接時でも小さな子供がいる事を話すと微妙な反応で、結果落とされました。手に職がないため、託児所付きでないと難しいと実感しました。(20代)

子どもの急な発熱や行事の際は休むことになると伝えるといい顔をされません。残業も難しいこともなかなか採用してもらえない原因だったと思います。(30代)

私は身内に反対されての出産だったので、離婚後も頼れる身内も居なく、面接の際に必ず「子供が具合悪くなった時保育園にお迎えに行ったり見ててもらえる方は居ますか??」と聞かれ「居ません」と答えると必ず不採用になってました。(30代)

シフト制の方がいいと思いサービス業を選ぼうとしたら、対応中は代われる人がいなければ残業があるとか、子供が休みの土日は誰かに預けて働くことはできるのかとか無理な要求があって大変でした。(30代)

うーん

子供の体調不良で休みが多くなるのは仕方のないこと。もう少し理解のある世の中になってほしいですね。

失礼な質問をされるケースも

子供がまだ保育園の時、正社員を探し、面接に「お子さんが小さなうちは正社員で働かないで一緒にいる時間を大事にしてあげたほうがいいと思うよ」と男性社員に言われました。そんなこと、言うのだったら何も言わずに不採用だけ伝えていただける方が気持ち的にもよかったです。今だとこれはパワハラになるのではないのでしょうか。(30代)

当時私が29歳、子どもが小学校2年生になると同時にシングルマザーになりました。就職活動をしましたが、面接で、PTA家庭訪問などを理由に休まれるのは困る、ということを高圧的におっしゃる企業様がありました。比較的融通の利く小さな個人経営の一般事務しか選択肢はなく、子どものために収入を得たくても、月12,3万程度のお給料しかなく、実家を頼らざるを得ない状況でした。(40代以上)

子供が小さいうちは風邪をひいたり何かあったときにサポートしてくれる人はいるのか・簡単に休まないかなど詳しく聞かれ実家のサポートがありますと伝えても不合格続きでした。ある会社は離婚理由を聞かれ我慢が足りなかったのではないかと性格自体を否定されました。(30代)

仕事探しの時に「シングルマザーだとお子さんが風邪ひた時とかだれが面倒見れるの?」とどうせ休むんでしょ?と言わんばかりにつついてきましたね。私は実家に身を寄せていたので「母が面倒みてくれます」といっても「簡単に休めると思われてるみたいだけど・・・」と嫌味を言われる事がほとんどでした。(40代以上)

なぜシングルマザーなのかと言う事をまず聞かれました。言いたくない事もあるのに、面接の大半をその質問で終わり、仕事に対する意欲は認めてくれてたのに、結果は不採用、また、子供が1歳半という事もあり、熱が出て休まれたら困ると言われ、子供が小さくなかったら採用なのにとか、面接の時点で言われた事もありました。経験はあるのに、明らかにそれらの理由で不採用になったのが何社もありました。(40代以上)

ダメー!

どれだけ失礼な対応をされても、仕返しをしようとネットに会社名や面接官の本名を書き込んだりするのはダメですよ。

理解の少ない職場に悩むことも

へとへとになって帰宅する女性

うまく仕事を見つけられても、子供の体調不良で休んでしまったり、残業ができないことなどで肩身の狭い思いをするケースも少なくありません。

子育てに理解のある職場と出会えるとよいのですが、実際に働いてみないとわからないのがツラいところですね。

仕事をしていても熱をだした、学校行事などでやすませてもらえなかったり、休みを事前にとってもいやな目で見られる。働き先を変えたくても中々理解してくれる職場がない(30代)

シングルマザーだと、大変なことは、やはり子どものことで、祖父母に預けられるときは、まだ、時間に融通がきくのですが、保育園などで預かってもらうと、融通があまり効かないので困ります。子どもが、熱を出したりなどしたときは、仕事を途中で切り上げなければならず、仕事場のみんなにも迷惑かけてしまうので、肩身が狭く、やりづらいことばかりです。(30代)

保育園などの送り迎えの時間のため働く時間が制限されてしまいます。求人票には、お子様の都合なども考慮しますと書かれていても残業など発生しそうな時など、帰りづらくなります。(30代)

保育園は生後8ヶ月で入れたので助かりましたが小さいうちは発熱で保育園からの呼び出しが頻繁、欠勤も余儀なくされたので店長の機嫌が悪くなることも多々ありました。子供がインフルエンザにかかった時は「何で保育園に預けないの?」(店長は未婚子供に接した経験なし)と言われ、インフルエンザで登園不可の理由をいちから教えてあげるのが面倒でした。(40代以上)

シングルマザー歴2年です。離婚前から働いていた正社員の仕事(病院の医療事務)を続けられると思っていたのですが、”パートタイムで働いてくれないか?”と告げられました。収入が減るのは困ると伝えると、有無を言わさず退職日を言われました。面接に行っても子供がネックで働ける時間が限られ、採用担当の方のも苦い顔をされてしまいます。直接シングルマザーだから雇えないとは言われませんが、それが雇えない理由だということはビンビン伝わってきます。辛いです。(30代)

子供が熱を出す度に休まなければならなかったので、暗に退職を迫られたことです。(40代以上)

ヤレヤレ

子育ての大変さをさっぱり理解していない上司も多いです。理解のある職場を根気強く探していきましょう。

派遣なら母子家庭でも働きやすい

朝食を食べている母親と娘

シングルマザーの場合、仕事探しに苦労することが改めてハッキリしたアンケート結果でした。

理解のある職場で正社員として働ければベストですが、現実にはパートやアルバイトで働くシングルマザーの方が多いですね。

ただ、パートやアルバイトは高い時給を期待できないのがツラいところ。

もしあなたがパートより条件の良い仕事を探したいと考えているなら、派遣の仕事も検討してみてください。

事実、派遣会社は多くの主婦が活躍していますし、残業・休日出勤なしで働けることに加えて、子育てに理解のある職場もたくさん。

同じような仕事でもパートやアルバイトより時給も高めなので、まずは求人を探してみるだけでも価値はありますよ。

もちろんメリットばかりではないので、派遣で働くデメリットについても把握しておくことが大切です。

以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件