海外旅行中の女性たち

何のために働くかは人それぞれですが、趣味を充実させたいがために仕事を頑張っている人も少なくありません。

山登りやカメラ、ヨガや書道、スマホゲームにコスプレなど、趣味の世界は幅広く、またその世界はいずれも奥深いものです。

ハマればハマるほど、仕事の存在が重荷に感じてくるものです。

とはいえお金を稼がないと趣味を続けていくこともできないというジレンマ。

今回は、趣味の充実を最優先に考えた仕事選びのポイントについて詳しくご説明します。

趣味の充実を最優先に考えた仕事の選び方

化粧直しをしている女性

仕事の探し方は色々とありますが、まずは大前提として正規雇用と非正規雇用の2択を選ぶことになります。

正規雇用、つまり正社員として働くことになると、給与と雇用は確実に安定します。

しかしながら残業や休日出勤の多い会社だった場合、趣味に充てられる時間が少なくなってしまいます。

反対に非正規雇用の場合はどうかというと、雇用と給与は不安定になるものの、プライベートの時間は確保しやすくなります。

つまり、趣味の充実を最優先に仕事を探すとなると、選択肢は以下の2つに絞られます。

  • 残業や休日出勤の少ない会社で正社員として働く
  • 非正規雇用で趣味を充実できるだけの給与を稼ぐ

それぞれの選択肢について、詳しく解説していきます。

残業や休日出勤の少ない会社で正社員として働く

働き方改革が叫ばれている世の中とはいえ、正社員として働くとなると、どうしても会社優先の働き方を強いられる職場はまだまだ多いです。

残業は少ないと聞いていたのに、いざ入社してみたら自宅に仕事を持ち帰って深夜まで働いていたり。

運良く大企業に入社できたのに、異動や転勤を避けられなかったり。

きっちり定時で帰れる仕事を見つけられたと思ったら、手取りの給与がかなり少なく、生活がカツカツになってしまったり。

趣味の充実を最優先に考えていくと、希望の条件にぴったり当てはまる正社員の求人はなかなか簡単に見つかりません。

タイミングよく希望に合った求人を見つけられたとしても、書類選考であっさり落とされてしまった…ということもよくある話です。

コチラ

試験対策や年齢制限の問題はありますが、公務員を目指すという選択肢もありますね。

非正規雇用で趣味を充実できるだけの給与を稼ぐ

では非正規雇用で働く場合はどうかというと、まずアルバイトやパートとして働く選択肢は消えます。

なぜなら高い時給を期待できないからです。

都心であれば時給1,000円以上も期待できますが、店舗側の都合でシフトを削られることも少なくありません。

非正規雇用でしっかり稼ぐことを考えるなら、派遣社員として働くことがベターと言えるでしょう。

スキルと経験があれば、非正規雇用ながら正社員と変わらないくらいの給与を稼いでいくこともできます。

そして派遣なら残業や休日出勤、転勤などの影響を受けることもありません。

趣味を充実させたい、お金もそれなりに稼ぎたいとなると、派遣の仕事は現実的な選択肢に思えてきます。

ヤレヤレ

クラウドソーシングなどを活用した在宅ワークも選択肢のひとつですが、まとまった収入を得るのはとても大変です。

派遣ならプライベートの時間を確保できる

スポーツジムでヨガをしている女性

収入や雇用の安定性では正社員に敵いませんが、プライベートを確保するという点において派遣の働き方はおすすめです。

派遣の仕事ならパートやアルバイトほど時給が低くありませんし、シフトを削られることも基本的にありません。

場所や時間帯、仕事内容も選ぶことができます。

職場によっては残業をお願いされることもありますが、派遣社員なら断ってしまっても問題ありません。

仮に少し残業したとしても、きっちり働いた時間分の残業代が支払われます。

サービス残業はありませんので、たくさん稼ぎたいときは残業を受け入れてもよいでしょう。

テヘペロ

契約内容以外の仕事を任されることもないため、嫌いな仕事を避けられるのも魅力ですね。

派遣ならキャリアを活かして働ける

勤務経験がある方は特に、今までのキャリアを活かして働けるのは大きなメリットです。

エクセルやワードなどの基本操作をマスターしている方や語学が得意な方など、スキルや経験に合わせて仕事を選べます。

特に資格や語学スキルが求められる仕事は時給も高めに設定されているためおすすめです。

これといった資格を持っていない方も、今から取得に向けて努力していくことで、好条件の求人で働けるチャンスが広がります。

将来的なキャリアを見越して、資格やスキルを身に着けていけば、より短時間でたくさんの給料を稼げるようになります。

モリモリ

パソコンが得意な方なら、プログラミングのスキルを習得することで時給2,000円以上の仕事も選べるようになりますよ。

派遣のデメリットを解消するコツ

ここまで派遣社員として働くことのメリットばかりをお伝えしていますが、やはりデメリットも存在します。

時期によっては希望の条件に合った求人が見つからないこともありますし、気に入っていた仕事も派遣先の都合で契約終了になることもあります。

ボーナスの支給がなかったり、交通費も自己負担になることが多いなど、正社員とは異なる点も多いです。

派遣のデメリットを解消するには、あらかじめ複数の派遣会社に登録しておくことと、スキルを磨き続けることが大切です。

複数の大手派遣会社に登録しておけば、その分、希望の仕事を見つけられるチャンスが広がります。

先ほどもお伝えしたように、資格やスキルを身に着けていけば、より条件の良い仕事で働けるようになります。

ポイント!

数ある資格の中でも日商簿記2級の資格を持っておくと、事務系の仕事でとても重宝されますよ。

大手派遣会社に登録することのメリット

笑顔で握手をかわす女性

派遣の仕事に興味はあっても、山のように派遣会社があってどこに登録すべきか迷ってしまう人は多いです。

知人が働いているなどの特別な理由がなければ、まずは大手の派遣会社に登録してみることをおすすめします。

大手ほど抱えている求人数が多く、派遣の仕事が初めてでも手厚くサポートしてくれます。

テンプスタッフやランスタッドなどは、登録拠点が全国各地にあるため登録会へ参加するときも便利です。

ヤッター

大手派遣会社は福利厚生のサービスが充実しているのもうれしいですね。

登録会参加不要のWeb登録がおすすめ

派遣の仕事は登録会への参加が面倒くさい…という正直な方には、Web登録をおすすめします。

リクルートスタッフィングのWeb登録なら、登録会への参加は不要。

ネットにつながるスマホやパソコンがあれば、自宅で派遣登録が可能です。

大手派遣会社といえど、派遣求人は日々変動しているため、時期によっては希望の求人がすぐに見つからないこともあります。

Web登録もうまく活用して、2〜3社の派遣会社に登録しておきましょう。

同じ仕事でも派遣会社によって時給に差があることもあるため、複数社への登録は必須です。

派遣で趣味を充実させた働き方の実現を

レストランでデート中の男女

働きながら趣味を充実させることは簡単なことではありません。

正社員として働きながら、趣味の時間もしっかり確保できるならベストですが、現実的に難しいことも多いです。

趣味の充実を最優先に考えるのであれば、派遣社員として働くことも検討してみましょう。

派遣の仕事に就くことは、何に一番時間を費やしたいか、最優先のことに集中できるということです。

派遣の仕事を通じてスキルアップできれば、いつかまた正社員に戻りたいと思ったときもスムーズに転職できるでしょう。

正社員として働くよりプライベートの時間を確保できて、パートやアルバイトより確実に高収入を得られる派遣の仕事。

仕事より趣味に没頭したい!という方は、派遣の働き方も選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件