派遣社員でも産休・育休を取得できる

派遣社員として働いていても、産休や育児休業を取得できるということをご存知でしょうか。

この記事では派遣社員が産休や育休を取得する際に知っておきたい基本事項について詳しくご説明します。

近い将来、ご結婚や出産を検討されている方は、早めに内容を把握しておきましょう。

派遣社員も産休や育休を利用可能

産休や育休は正社員として働いている人だけが利用できるもの、と思っている方は意外と多いですね。

産休・育休を利用するために満たすべき条件や、注意点について順を追ってご説明します。

産休を取得するために満たすべき条件

子育てママ

まずは産休についてご説明します。

派遣社員であっても産休を取得する権利はありますし、労働基準法にきちんと明記されています。

産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間:いずれも女性が請求した場合に限る)、産後は8週間、女性を就業させることはできません

第65条第1項、第2項関係

労働基準法における母性保護規定(PDF) – 厚生労働省

就業中の派遣社員から産休を取得したいと申請があれば、雇用主である派遣会社は必ず許可しなければならないのです。

産休取得のタイミングは本人次第

産前6週間、産後8週間という期間は絶対的なものではありません。

産前の休暇は本人の意思によって短くできますし、産後も6週間が経過している場合は、医師が許可すれば早く復帰できることがあります。

担当しているプロジェクトの都合で、後1週間だけ仕事に関わっていたい、できるだけ早く仕事に復帰したいなどの止むを得ない事情があるときは産休取得のタイミングを検討してみましょう。

とはいえ、母子ともに健康であることが最優先。

出産予定日よりだいぶ早く産気づいてしまうこともありますし、出産後に保育園がすぐに見つからない場合もあります。

くれぐれも無理はしないようにしましょう。

登録先の派遣会社のルールに則って申請を

パソコンで仕事中の女性の手

産休の取得において特に厳しい条件はないため、基本的に所定の手続きを行えばどなたでも産休を取得できると考えて良いでしょう。

申請方法は登録先の派遣会社によって様々ですので、妊娠中の方や出産予定日が近づいてきた方は、早めに派遣会社に申請方法を確認しておきましょう。

テンプスタッフやリクルートスタッフィングなどの大手派遣会社であれば、働く女性のサポートに長けていますので、迅速に対応してくれるはずですよ。

コチラ

妊娠がわかった段階でも問題はありませんが、安定期に入ったタイミングで、派遣会社の担当者に相談しておくことをおすすめします。

育休を取得するために満たすべき条件

育児休暇も条件を満たせば取得可能

育休も取得可能ですが、複数の条件があります。

それらの条件を満たしている場合は、子どもが1歳になるまで休むことが認められます。

条件の中で特に重要なのは、雇用されている期間です。

取得する前に1年以上働いていなければなりません。

派遣元に変更がなければ、派遣先が変わったとしても期間を通算で数えられます。

また、育休が終わった後の予定にも注意が必要です。

子どもが1歳になった後も、継続的に働くことが見込まれていなければなりません。

つまり育休の途中で、契約が終了することが明らかである場合は、取得できない決まりです。

さらに、子どもが2歳になる前々日までに契約が満了し、更新される予定がない場合も認められません。

これらの条件を満たしていれば、基本的には所定の手続きを行うことで取得できます。

企業によっては1年以上取得できるケースもありますが、その場合は追加の条件が定められている可能性もありますよ。

うーん

契約期間が3ヶ月や6ヶ月の場合、実質的に育児休暇は取得できないということになってしまいます。こちらも派遣会社の担当者と早めに相談をしましょう。

スムーズに取得できないトラブルも

目頭を押さえている疲れた女性

派遣社員として働いていても、産休や育休を取得する権利はあります。

ですが、必ずしもスムーズに取得できるとは限りません。

たとえば、派遣先の責任者が派遣社員の権利を把握していないケースがあります。

休むことは法律的に認められていますが、それを根拠として強引に取得しようとすると関係が悪くなるかもしれません。

そのような事態を招かないようにするため、まず派遣会社の担当者としっかり相談した方が良いでしょう。

派遣会社と協力して、派遣先に快く承諾してもらえるように話を進めるのが得策です。

出産予定日が早まるケースも多いため、余裕を持って早めに取り組みたいですね。

派遣社員も産休や育休を積極活用しましょう

派遣先との関係が大事

産休や育休をスムーズに取得するためには、普段から派遣先との信頼関係を築いておくことも大切です。

誠意を持って業務を遂行し、頼られる存在になっておくのが望ましいです。

そうすれば長期の休暇を与えてでも、働き続けてほしいと考えてもらえるでしょう。

権利があるからといって安心せず、スムーズに育休を取得するための関係づくりをしておくことが大切ですよ。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件