英文事務の仕事に就くメリット

グローバル社会といわれる現代において、語学スキルが求められる仕事の需要は年々高まっています。

派遣求人でも「TOEIC○○点以上」という応募条件が定められていたり、英語を始めとした語学スキルは今後ますます注目されていきます。

そこで今回は通訳・翻訳をはじめ、派遣求人の中でも語学スキルが求められる人気の職種についてご紹介します。

語学を活かして働きたいと考えている方は、気になる職種をぜひチェックしてみてください。

通訳・翻訳

語学を活かした仕事をしてみたい!と考えたときに、真っ先に浮かぶのは通訳や翻訳の仕事ではないでしょうか。

数ある派遣の仕事の中でも人気があり、語学が必要とされる仕事の花形といっても差し支えはないでしょう。

高度な語学スキルは当然として、豊かな表現力、ときにはユーモアを理解する柔軟性も求められる仕事です。

通訳・翻訳の仕事内容ではどんなスキルが必要なのか、どんなことを経験できるのか詳しくご説明します。

通訳・翻訳の仕事内容の違い

まず、両者は似ているようで全く別の仕事だということをまずは理解しなければなりません。

通訳の場合、話し手の言語と内容を正しく理解し、聞き手の言語で適切に表現することが求められます。

極端に早口な人もいれば、独特なイントネーションで聞き取りづらいときもあります。

直訳すると返ってわかりづらくなるときは、表現を工夫してわかりやすく伝える柔軟性も必要です。

翻訳の場合は、英語やスペイン語など、異国語の文書の内容を正しく理解し、適切な表現で違和感のない文章にまとめていくことが求められます。

研究論文などは特に、専門用語が使われていることも少なくありません。

書かれている内容を正確に理解するためには、基礎的な知識を身に着けておくなど、自主的な勉強も必要になります。

コチラ

通訳は、早さとわかりやすさがとても大切な仕事です。それに対し翻訳は、正確性と専門知識が重視されることが多い仕事です。

実践的な語学力が身につく

通訳・翻訳の仕事内容

通訳・翻訳の仕事で経験を積めば、少なくとも二ヶ国語のスペシャリストになることができます。

実践的な英語を習得しているのであれば、活躍の場を日本のみならず世界中に広げることが可能です。

言語スキルの習得は、自分自身の可能性を広げることに直結します。

また、通訳や翻訳が必要とされるシーンは、何もビジネスの現場だけではありません。

観光や娯楽など、様々なシーンで橋渡し役を務めることができるので、大きなやりがいを感じられます。

身近な場であったとしても、誰かの力になれるという実感を得られるのは嬉しいものですよ。

経験を積むほどチャンスが広がる

通訳としての実績を重ねていけば、いずれは政治家や有名な海外アーティストの通訳を依頼されることも夢ではありません。

憧れだったトップアーティストと、仕事を通じて知り合いになれる可能性もあるのです。

翻訳についても、小説や映画などの海外作品を自らのスキルで日本中に発信できるという魅力があります。

実力を認めてもらえると、派遣社員であっても高い収入を期待できるようになることも、魅力の一つです。

テヘペロ

日本は英語に苦手意識を持つ人が多い国です。語学スキルを発揮できる場所は、意外なほどたくさんありますよ。

常に勉強し続けることが必要

通訳や翻訳の仕事は、専門的な知識が必要になることもあり、どんなときも勉強を怠ってはいけません。

日本でも流行語というものがあるように、言語は日々進化していくものです。

新たな言葉が生まれたり、表現の仕方が変わったりすることも多いですね。

最大の驚異としては、通訳や翻訳のWebサービス、スマートフォンアプリの発展によって、通訳・翻訳の活躍する機会が奪われていくことです。

日本に住んでいると実感しにくいですが、国際化が進んでいることで、世界中で母国語以外の言語を話せる人が増えています。

Google翻訳など、まだまだビジネスの場で使えるレベルではありませんが、技術の進歩は驚くほど早いものです。

翻訳サイトやスマートフォンアプリ、日々進化する人工知能に対抗できるだけの、豊かな表現力が必要不可欠になっていきます。

うーん

通訳や翻訳は、10年後、20年後には無くなっている職業といわれることも。未来がどうなるかは誰にもわかりませんが、不安になりますね。

語学の勉強が好きな人におすすめ

常に勉強が必要

通訳・翻訳の仕事は、帰国子女の方や留学経験のある方に特におすすめです。

高い語学力を習得している人や、どんなときでも努力を怠らない人であれば、活躍の場に困ることはありません。

通訳や翻訳の実務経験があれば、英文事務としての仕事や、貿易会社などの外資系企業でのオフィスワーク全般へのキャリアチェンジも可能です。

また、通訳・翻訳に必須となる資格はありませんが、「通訳案内士」という国家資格や「TOBIS(ビジネス通訳検定)」などの検定は取得しておくと役に立ちます。

「TOEIC」や「英検」に関しても、高得点をとっておくことは決して無駄になりません。

英文事務

実践的な語学力が身につく

語学力を発揮できる仕事は数多くありますが、オフィスワークに興味があるなら英文事務の仕事がおすすめ。

高度な英語が必要とされる派遣先など、業務内容によっては高い時給も期待できる仕事です。

英文事務ではどの程度の語学スキルが必要なのか、どのようなことを経験できるのかについて詳しくご説明します。

英語を使った一般事務全般を担当

英文事務の仕事をざっくりとご説明すると、英語を使った一般事務全般のことです。

実際にどんな仕事を任されるかは派遣先によって変わりますが、基本的には一般事務の仕事内容と同じです。

資料や契約書などの書類作成のほか、電話やメールでのやりとり、来客への対応、郵便物の仕分け、ファイリング・データ集計などを、すべて英語で行う仕事だと思ってください。

どの程度英語ができるかによって、仕事内容も変わってきます。

読み書きに抵抗がないレベルの英語力であれば、簡単な資料作成など、パソコンの基本操作が中心になることが多いですね。

ビジネス英語をはじめ、高度な英文を不自由なく読み書き・会話できるレベルであれば、英語のビジネスレター作成やメール・電話での交渉などを任されるケースもあります。

ポイント!

日常英会話とビジネス英語は別物なので、自分自身の語学スキルに合わせて仕事を探してみましょう。

仕事を通じてビジネス英語を磨ける

英文事務の仕事は、その名の通り、英語を中心とした語学力が求められます。

責任感をもって仕事が出来ることや、日々の業務を通じて、より実践的な語学スキルを磨けることも大きなメリットですね。

慣れないうちは、英語の微妙なニュアンスを正確につかむことに苦労するかもしれません。

単純に語学力を上げるだけではなく、国の文化をはじめ歴史背景を学ぶ姿勢が大切です。

相手に合わせた細やかな対応ができるようになると、たとえば海外旅行に行ったときなど、プライベートでも語学力をたくさん活かせるようになりますよ。

ヤッター

海外とのやりとりが多いので、グローバルな感覚を身に着けていけることも英文事務の仕事の大きなメリットです。

臨機応変な対応が求められる

書類にペンでチェックしている女性

英文事務の仕事の場合、派遣先が外資系の企業であることも多いです。

外資系企業は人の入れ替わりが激しいことが多く、仕事内容がガラリと変わることも少なくありません。

状況の変化に応じて、臨機応変に対応していくことが求められるので、ルーティンワークをコツコツとこなしていきたいタイプの人には向いていません。

派遣先によって差はあるものの、海外とのコミュニケーションも多くなります。

各国の文化や歴史背景を学ぶことが必須となるため、勉強熱心な方でないと仕事についていけなくなることも。

知らなかったでは済まされないことが多いので、緊張感を持って仕事に取り組むことが必要です。

オフィス系ソフトの基本操作は必須

どれだけ英語が堪能だったとしても、基本的なパソコンスキルが身についていなければ英文事務の仕事は勤まりません。

エクセルやワード、パワーポイントなど、一般的なオフィスソフトの基本操作はマスターしておく必要がありますよ。

うーん

一般事務の仕事と比べると時給は高めですが、その分求められるスキルも高く、自主的に学ぶことが求められる仕事です。

英語が好きならチャンスは広がる

英文事務の仕事は、海外とのやりとりの中で高度な英語のスキルが要求されます。

一般的なオフィスワークより大変なことも多いですが、間違いなく英語のスキルは高まります。

英語を学ぶことが好きな方、今よりもっと語学力を高めたい方におすすめの仕事です。

帰国子女の方や、留学経験のある方など、英語に抵抗のない方であれば、活躍できるチャンスは一気に広がります。

誰にでもできる仕事ではないため、やりがいも多いですし、お友達にも自慢できる仕事ですね。

貿易事務

翻訳や英文事務の仕事も人気ですが、より専門的なスキルを身につけてみたい方には貿易事務の仕事がおすすめです。

実践的な語学スキルを磨けることに加えて、高い事務処理能力を身につけられます。

貿易事務の仕事ではどんなスキルが必要なのか、どんなことを経験できるのかについてもご説明します。

貿易に関わるあらゆる事務作業に対応

貿易事務とは、商社や輸出入取引業者など、貿易を行う会社での事務作業を担う仕事です。

主な仕事内容は輸出入関連の書類や契約書の作成、発送および受け取りの手配、通関手続き、関税や税金の計算など多岐に渡ります。

貿易関連の作業に加えて、一般事務を担当することもあるため、高い事務処理能力が求められます。

国際間取引に携わる仕事なので高い外国語能力も必須です。

外国語での書類作成やメールでのやりとり、現地との電話連絡など、業務において外国語を使う頻度が非常に高い仕事です。

ダメー!

ビジネス英語を理解しておかないと、業務についていけない可能性がありますよ。

スキルは必要だが高い時給を期待できる

貿易事務は事務と名付けられているものの、一般事務の仕事とは大きく異なる仕事です。

仕事には高い外国語能力と専門的知識が求められ、給料もそれに見合うだけの水準となっています。

知識やスキルを活かして、しっかり稼ぎたい方には大きなメリットがあるでしょう。

また、国際間ビジネスの最前線に携わる仕事のため、豊富な現場経験、実務経験が積めるのも大きなメリットです。

仕事を通じて身につけた貿易関連のスキルや知識を生かせば、将来のステップアップにもつながります。

人脈やネットワークを築けることもメリットの一つですね。

信頼関係が求められる国際貿易の世界では、個人の持つつながりが非常に重要なのです。

ヤッター

貿易事務の経験を通じて築いた信頼関係は、お金では買うことができない財産になりますよ。

膨大な仕事量を覚悟すること

派遣先によって多少の差はありますが、貿易事務の仕事は、常にたくさんの仕事を抱えることがほとんど。

時差のある外国との取引では、先方の都合に合わせて仕事を進めなければならない場面が多く、大事な書類の締め切りが深夜や早朝になるのは珍しくありません。

祝日もカレンダー通りに休めないことが多く、貿易事務の仕事を頑張れば頑張るほど世間とのスケジュールにズレが生じてしまいます。

正社員として働いている人の中には、家族や恋人とすれ違いが続いて疎遠になってしまった…という話はよく聞かれます。

また、国際情勢の変化によって仕事に多大な影響が及ぶこともよくあるため、常にストレスとの戦いになりがちです。

政情の変化で約束していた納期に間に合わない、天候不順で予定の数量を確保できない、といったトラブルの窓口を担当するのは貿易事務です。

トラブル時のクレーム処理のストレスで、体調を崩してしまう人もいます。

ヤレヤレ

過度な残業や休日出勤は求められないにしても、派遣スタッフにも相応の仕事を任されることになります。のんびり働きたい人は別の仕事を探しましょう。

キャリアアップの選択肢が広がる仕事

貿易事務の仕事は、語学力と事務処理能力にそれなりの自信がある方におすすめです。

英語以外にも中国語やスペイン語など、貿易ビジネスでは様々な言語が用いられるため、一般的に需要が少ないとされるマイナーな言語でも需要は必ずあります。

身につけた外国語力を活かして働きたい!という方にはピッタリの職業といえるでしょう。

将来的に世界を股にかけてビジネスをしたい!と考えている人にとっても、実務経験を積める貿易事務はとても魅力的な仕事です。

楽な仕事ではありませんが、経験を積んでいくことでキャリアアップの選択肢が大きく広がりますよ。

語学スキルを活かしてキャリアを積んでいこう

スーツ姿のキリッとした女性

外国語でのコミュニケーション能力が必要とされる語学系の派遣求人は、専門性や高いスキルが要求されるシビアな現場です。

柔軟な対応や膨大な仕事量をこなす、など負担があるものの他の職種では経験できない貴重なキャリアを積めることが大きな魅力。

常に勉強が必要な職種であるだけに、向上心があればどんどんステップアップできるのが語学系の派遣業務の特徴です。

語学スキルを活かして自分だけのキャリアを形成し、自信を持って働ける未来を目指しましょう。

少々特殊な分野の求人でもあるため、語学を活かす求人を探すならできるだけ大手の派遣会社に登録しておきましょう。

外資系のランスタッドなどは英文事務などの仕事が豊富なので特におすすめです。

あなたの希望に合った職種と出会えることを願っています。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件