オフィスで仕事をしている若い女性

派遣社員として働こうと思うと、どの派遣会社に登録すべきか多くの人が迷ってしまいます。

GoogleやYahoo!で検索をしてみるとわかりますが、派遣会社は大手から中堅、小規模の会社まで非常に多くの会社が見つかります。

特に首都圏になると、登録可能な派遣会社は山のように存在します。

その中でどの会社に登録をするべきか、迷ってしまうのは仕方のないことです。

そこで今回は、派遣会社を探すときのチェックポイントについて詳しく解説します。

これから新しく派遣会社へ登録しようと考えている方は、ぜひご覧ください。

派遣会社を探すときのチェックポイント

派遣会社の選び方は無数にありますが、ひとつの例として以下の8点をチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 優良派遣事業者認定の有無
  • プライバシーマークの有無
  • 社会保険に加入できるか
  • 福利厚生が充実しているか
  • 研修制度が整っているか
  • 興味のある業界・職種に強いか
  • 口コミや評判は悪く書かれていないか
  • 公式サイトやマイページは使いやすいか

それぞれについて、順を追ってご説明していきます。

優良派遣事業者の認定を受けているか

清潔感のあるオフィスフロア

まず最初にチェックしたいポイントとして、優良派遣事業者という認定制度をご存知でしょうか。

法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たした派遣事業者を「優良派遣事業者」として認定します。

優良派遣事業者とは – 一般社団法人人材サービス産業協議会

派遣労働の処遇改善を推進するために生まれた制度で、厚生労働省から委託を受けた認定機関が調査し、一定基準を満たした派遣会社のみが認定されています。

認定基準は95項目に及ぶ

優良派遣事業者と認定を受けるためには、「優良派遣事業者行動指針」に沿った事業運営を実施していることが求められます。

以下のような4つの基準に分かれ、全95項目にわたる審査が行われています。

個人情報の管理が適切かどうか、会社が赤字になっていないかなど、各派遣会社はかなり細かくチェックされることになります。

つまり優良派遣事業者に認定されている派遣会社は、一定の信頼がおけるという証拠です。

事業体に関する基準

経営方針を社外に公開していること、経営財務状況が安定しているか、法令遵守であるか、個人情報等の情報管理をしっかりしているかなどの項目です。

派遣社員の適正就労とフォローアップに関する基準

就業条件を明示し説明しているか、社会保険等の適正な加入をしているか、派遣社員の相談に応じたり健康状況に配慮しているかなどの項目です。

派遣社員のキャリア形成と処遇向上に関する基準

キャリアコンサルティングを行っているか、仕事に役立つ研修を行っているか、賃金設定は適正かどうかなどいった項目です。

派遣先へのサービス提供に関する基準

派遣先企業のニーズに対応できる体制であるか、派遣先でのトラブルを予防しているか、コンプライアンスの周知をしているかなどの項目です。

優良派遣事業者の認定は任意

優良派遣事業者認定制度は、すべての派遣会社に義務付けられた制度ではありません。

認定を受けるかどうかは任意であるため、優良派遣事業者と認定されていない派遣会社であっても、今まで通りに営業活動をすることが認められています。

ちなみに、名の通った大手派遣会社の多くは優良派遣事業者として認定されています。

ダメー!

「優良派遣事業者に認定されていないから、あそこの派遣会社はブラック企業」と安易に判断してはいけませんよ。

優良派遣事業者かどうかをチェックする方法

優良事業者に認定されている派遣会社は、以下のサイトからチェックすることができます。

気になっていた派遣会社の名前があるか、事前に確認してみましょう。

プライバシーマークを取得しているか

デスク上に置かれた大量の書類

派遣会社の登録会を予約するときなど、氏名や連絡先などの個人情報を入力することになります。

気になっている派遣会社が、きちんとプライバシーマークを取得しているかどうかもチェックしてみてください。

プライバシーマーク制度は、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

プライバシーマーク制度概要 – 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

万が一、あなたの個人情報が流出でもしたら大変ですよね。

多くの場合、個人情報を入力する画面には個人情報の利用目的や、第三者委託の有無などが細かく書かれています。

読み飛ばしてしまっている方も多いと思いますが、軽くだけでも目を通しておくべきです。

プライバシーマークは2年ごとに更新が必要な制度で、継続的にプライバシーマークを取得している派遣会社はそれだけ信頼できるという証拠です。

独自のやり方で個人情報保護に取り組む会社も

ただし、中には独自のやり方で個人情報保護に取り組んでいる派遣会社もあったりします。

プライバシーマークの取得は費用もかかりますし、何より膨大な手間がかかるため、敬遠している会社も少なくないのです。

プライバシーマークを取得していない会社の場合は、なおさら個人情報の取り扱いに関する記載をきちんとチェックしてから応募するようにしましょう。

また、派遣業界に限った話ではありませんが、プライバシーマークを取得している会社が個人情報漏洩の事故を起こしたという例も実際にあります。

プライバシーマークを取得していれば100%安全というわけではないことは理解しておきましょう。

うーん

個人情報の取扱いに関する記載が公式サイト上にまったくない派遣会社は応募をためらっちゃいますね…

社会保険に加入できるかどうか

自宅でパソコンを操作している主婦

派遣社員でも一定条件を満たせば社会保険に加入できることはご存知でしょうか。

たとえば雇用保険の場合、加入条件は以下の通りです。

  • 年齢が65歳未満であること
  • 週の労働時間が20時間以上であること
  • 1ヶ月以上勤務を継続している、または1ヶ月以上勤務する予定であること

健康保険や厚生年金についても同じく、一定条件を満たせば加入できます。

フルタイムでお仕事をされる方なら、各種社会保険は基本的に加入できると考えて問題ありません。

条件を満たしているのに社会保険に加入できない…!という悪質な派遣会社は滅多にないと思いますが、お仕事を始める前にきちんと確認しておきましょう。

ポイント!

週5日、1日8時間のフルタイム勤務でなくとも社会保険に加入することは可能です。派遣会社で加入条件について確認してみましょう。

福利厚生が充実しているかどうか

スポーツジムでヨガをしている女性

派遣会社を選ぶときには、福利厚生サービスの充実ぶりもチェックするようにしましょう。

年1回の健康診断を無料で受けられたり、提携先のスポーツジムを安く利用できたり、派遣会社によって福利厚生の充実ぶりに差があります。

この点に関しては大手派遣会社に軍配が上がることも多いですが、中小派遣会社でも福利厚生に力を入れているところは多数あります。

たとえば大手派遣会社のテンプスタッフはベビーシッターを会員価格で利用できたり、働くママのサポートが充実しています。

提携先の映画館や宿泊施設、スポーツジムやエステにネイルサロンなどを割引価格で使えるようになるなど、うれしい福利厚生サービスが整っています。

大手有名企業の求人をはじめ、あらゆる業種・職種をカバーしているため、派遣の仕事を探すなら登録しておいて損はありません。

研修制度が整っているかどうか

研修制度が整っているか

研修制度の有無についてもあらかじめ確認しておきましょう。

ワードやエクセルなど、事務系の仕事で必要なスキルを身に着けるための研修を受けられる派遣会社もあります。

パソコンスキルだけに限らず、経理や会計など、職種別の研修を行っている会社もありますね。

無料の研修が多いですが、中には有料の研修も存在しています。

自分に足らないスキルや、どんな仕事に就きたいか、によって派遣会社を選びたいですね。

注意!

事務系の仕事を希望される場合、ワードやエクセルの研修などは受けておきましょう。

興味のある業界・職種に強いかどうか

やりたい仕事、挑戦してみたい職種がすでに具体的になっているのであれば、業種や職種に特化した派遣会社もおすすめです。

大手派遣会社も幅広い業種・職種をカバーしていますが、特定業種に特化した中小派遣会社を選ぶ人も少なくありません。

たとえば技術者やエンジニアの派遣に特化した会社や、アパレル・ファッション業界専門の派遣会社もあります。

介護業界の仕事に特化しているところもあれば、工場や製造業・軽作業の求人、デザイナーなどのクリエイティブ関連の職種を専門としている派遣会社もあります。

やりたいことが決まっていない場合は、まずは大手派遣会社に登録してみるのが最善の策ですが、進みたい方向が明確な方は、業種特化型の中小派遣会社がおすすめです。

モリモリ

今までの経験や自分の強みを発揮できる職場で働きたいですね。

口コミや評判は悪く書かれていないか

デスクに置かれたパソコンと書類

気になっている派遣会社の口コミや評判もチェックしてみましょう。

たとえば、知名度の高い大手の派遣会社であっても、担当者の対応がよくないと評判の会社もありますし、反対に中堅規模の派遣会社でサポート体制が盤石という声もよく聞かれます。

実際に有名な派遣会社に登録してみたけれど、担当者とろくに連絡が取れなくて仕事も紹介してもらえなかった…という口コミもあったりします。

知名度が低くて規模の小さい派遣会社ほど、一人ひとりの派遣スタッフに対するフォローが手厚いという声も見かけます。

ネット上の口コミや評判は貴重な情報ですが、あくまでひとつの意見だということは理解しておきましょう。

参考にはすべきですが、ネット上の情報だけですべてを判断してしまうのはあまりおすすめできません。

派遣社員として働く友人・知人に聞いてみる

あなたの身近に派遣社員として働いている友人や知人がいれば、登録先の派遣会社のことを教えてもらうといいでしょう。

営業担当者はどのような感じであるか、どのような仕事を紹介してくれるのか、色々と根掘り葉掘り聞いてみましょう。

派遣会社によってはお友達紹介キャンペーンなどを実施していて、お互いに何かしらの特典をもらえることもあります。

ポイント!

実際に働いている人の情報はとても貴重です。ネットで調べても出てこない情報を、きっとたくさんお持ちだと思いますよ。

公式サイトやマイページは使いやすいか

気になっている派遣会社の公式サイトが使いやすいかどうかもきちんと確認してみましょう。

特に大手派遣会社の場合、あなた専用のマイページ上でやりとりを進めていくことが多いです。

登録会の予約や求人の検索や応募、有給休暇の申請など、マイページが使いづらいと余計なストレスが溜まってしまいます。

Web応募が完了した段階でマイページが使えるようになる派遣会社が多いので、まずはいくつかの派遣会社に申し込んでみてマイページを使ってみてください。

公式サイトやマイページがあまりに使いづらい、という派遣会社は登録会への参加を遠慮しておくのもひとつです。

コチラ

中小派遣会社はマイページなどの機能がなく、電話とメールのやり取りがメインというところも多いですよ。

大手と中小派遣会社どちらを選ぶべきか

自宅でスマホをチェックしている女性

派遣会社の規模の点についても触れておきます。

結論からお伝えすると、大手であるか中小であるかといった派遣会社の規模は最重要事項ではありません。

テンプスタッフやパソナのように、どれだけ有名な大手派遣会社でも、タイミング次第では希望に合った求人が見つからないこともあります。

反対に、会社の規模があまり大きくなくても、紹介された求人が希望条件とぴったりだったり、熱心にサポートしてくれる担当者と出会えることもあります。

最も大切なのは、あなたと派遣会社の相性なのです。

登録拠点の有無や対応エリアの問題

首都圏にお住まいであれば派遣会社はいくらでも選べる状態ですが、お住いの地域によって状況は変わってきます。

大手と中小派遣会社で明確に差が出るのは、登録拠点の数と対応エリアの広さです。

たとえばテンプスタッフやランスタッド、パソナなどの大手派遣会社は全国各地に登録拠点を構えています。

中小規模の派遣会社だと、都内に1拠点しかなかったり、東京と大阪にしか登録拠点がなかったりします。

求人の有無や担当者との相性次第ではあるものの、大手派遣会社以外に選択肢がないという地域もあります。

ヤレヤレ

気になっていた派遣会社があったのに、希望するエリアが対応範囲外だったということもあります。

登録会に参加して判断することが大事

バスに乗って移動している女性

ネット上で調べられる派遣会社の口コミや評判などを確認した上で、実際に登録会に参加してみることをおすすめします。

登録会に参加して、派遣会社の担当者との相性を確認してみることが大切です。

登録会に参加したことで、今まで気づかなかった派遣会社の魅力に気付けたり、反対にここは止めておこうと…と判断できることもあります。

あなたのやりたい仕事や希望条件をきちんと理解してくれるか、興味のない求人をゴリ押ししてこないか、人としてきちんと信頼できそうかどうか。

担当者と良好な関係性を築ければ、好条件求人を優先的に紹介されたり、待機期間が極力発生しないように次の仕事を紹介してもらえたりと、いいことづくしです。

半年や一年以上、派遣の仕事を続けていくつもりであれば、なおさら担当者との相性はしっかり見極めましょう。

テヘペロ

複数の派遣会社への登録は手間がかかりますが、希望の仕事と出会うチャンスを広げるためにも、多少の努力は必要ですよ。

給与(時給)の高さをチェック

2〜3社の派遣会社に登録したら、時給の高さを比較してチェックしてみましょう。

同じ会社、同じ部署、同じ仕事内容でも、派遣会社Aと派遣会社Bで時給が数十円~百円以上、差があるときもあります。

隣の席に座っている人とまったく同じ仕事をしているのに時給に差があるというのは嫌ですよね。

また、大手派遣会社の場合、ネット上に掲載されていない非公開の好条件求人を抱えていることも多いです。

派遣会社内の選考にかけられることもありますが、登録会に参加することで非公開求人と出会えるチャンスが広がります。

少しでも条件の良い求人を見つけられるように、根気強く探すことが大切です。

ヤレヤレ

派遣先企業によっては、同じような業務内容なのに100円近く時給に差があることもありますよ。

フォロー体制はしっかりしているか

面談中のコーディネーター

登録が完了してから1ヶ月以上、担当者から連絡がこなかったり…

こちらから担当者に連絡を入れても、すぐに連絡が返ってこなかったり…

繰り返しになりますが、派遣会社の対応や担当者との相性は派遣会社を選ぶ上でとても大切です。

派遣会社にもいろんな人がいますので、登録の際に顔を合わせたコーディネーターはいい人だったのに、営業担当者はチャラチャラしていて信頼できそうにない…なんてことも。

お仕事が始まって、派遣先の企業で何らかのトラブルが発生したとき、担当者がどれだけフォローに動いてくれるかも重要です。

実際に登録してみて、仕事を始めてみないことにはわからない点も多いですが、派遣会社のフォロー体制もしっかり見ていきましょう。

モリモリ

派遣会社の営業担当は、何かあったときに相談できるパートナー。相性のいい人と出会いたいですね。

登録会参加不要のWeb登録が便利

何度も登録会に参加するのは面倒くさい…という正直な方には、Web登録をおすすめします。

リクルートスタッフィングのWeb登録なら、登録会への参加は不要。

ネットにつながるスマホやパソコンがあれば、自宅で派遣登録が可能です。

Web登録もうまく活用して、2〜3社の派遣会社に登録しておきましょう。

繰り返しになりますが、似たような仕事でも派遣会社によって時給に差があることもあるため、複数社への登録は必須ですよ。

自分に合った派遣会社を選びましょう

遠くを見つめるスーツ姿の女性

大手から中堅、中小ベンチャーまで、人材派遣会社は山のように存在しています。

大手ほど抱えている求人が多く、福利厚生が充実しているのは事実ですが、何よりも大切なのはあなたに合った派遣会社を見つけること。

派遣会社の選び方で迷ったときは、今回ご紹介したチェックポイントを参考にしてみてください。

派遣の仕事が初めてのときは、まずはいくつかの派遣会社に登録してみて、その中からよさそうな仕事を選んでいきましょう。

あなたらしく働ける派遣会社と出会えることを願っています。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件