遠くを見つめるスーツ姿の女性

正社員よりも挑戦のハードルが低い派遣から仕事を始めたいけど、せっかくやるなら専門スキルを身につけたい!

そんな高い意識を持って派遣業務にチャレンジする方に注目されているのが秘書、企画・マーケティング、広報・IR、特許事務の分野です。

派遣の仕事でどこまで責任がある業務に携わることができるのか、現場のリアルな状況をチェックしていきましょう。

広報・IR

華やかなイメージが根付いていることもあり、広報担当者としての仕事に憧れる人は多いですね。

広報の仕事に比べると、少し影を潜めているような印象はありますが、IR担当者としての仕事も広報に近い役割を担うことになります。

広報とIRの仕事は似ているように思われることも多いですが、扱う媒体や情報を届ける対象など、実際の仕事内容は異なる点が多々あります。

広報の主な仕事

職場によって色々と差はあるものの、広報が担うのは自社の商品やサービスを広く認知してもらうために、マスメディアを通じて宣伝を行うことです。

アパレルやファッションの業界では、広報担当をプレスと呼ぶこともありますね。

宣伝を通じて売上を上げることが目的となるため、営業やマーケティングに近い仕事ともいえます。

IRの主な仕事

IRは自社の業績や財務状況など、投資家に対して必要な情報を提供することが主な仕事になります。

ホームページ上でIRを公開してる大手企業も多いですが、あのような情報開示もIR担当の仕事に含まれてきます。

ちなみにIRとはInvestor Relationsという言葉の略語です。

モリモリ

広報の仕事であれば、あらゆる広告媒体の知識、IRであれば株式投資の知識を身につけることができますよ。

マスコミ関係者との接点も多い仕事

広報やIRの仕事に就くと、社内外を問わず様々な人との接点が増えるため、自ずとコミュニケーション能力が身についていきます。

年配の方と接する機会も少なくないため、マナーや気配りなども学べることでしょう。

広告媒体を扱う仕事を任されると、マスコミ関係者と関わることも多くなり、華やかなメディアの世界を垣間見ることもできますよ。

大手企業であれば扱う予算も大きく、刺激的な仕事に関われるチャンスがたくさんあります。

最新の情報に触れられる機会も多い

これから主流になるであろう広告手法や媒体は何か、といった情報をつかんでおくことが大切なため、最新の情報に触れられる機会がとても多い職場です。

新しいものや流行に敏感な人にとっては、日々の仕事がきっと楽しく感じられますよ。

ヤッター

自分の関わった仕事で新しい商品やサービスの売上が伸びたりことは、大きなやりがいを感じられますよ。

トラブル対応では前面に立つことに

広報やIR担当として働くことのツラい点は、たとえば不祥事や事故など、会社に問題が起きたときに前面に立たなくてならないことです。

消費者から厳しい意見やクレームを受けることもありますし、自分が関わっていない不祥事であっても、会社の顔として真摯に謝罪をすることが求められます。

何らかのトラブルで会社の株価が大きく変動したときに、株主からの様々な意見を受け止めるのはIR部門の仕事です。

事が大きくなると、マスメディアからの取材依頼にも適切に対応することが求められますね。

頻繁にトラブル対応を経験する、なんてことは滅多にありませんが、いざというときには踏ん張らないといけない、ということは覚悟しておきましょう。

うーん

社内で板挟みにあってしまったり、担当部署とメディア側の意見が合わないときもあったりと、頭を悩ませることも多いですね。

大きな達成感を味わえる仕事

広報やIRの活動によって、企業イメージが良くなったり、自社商品やサービスの認知度が上がると、ものすごく大きな達成感を味わうことができます。

大きなお金を動かす部署でもあるため、プレッシャーのかかる中でも責任感を持って仕事に取り組める人は活躍できる可能性が高いでしょう。

広報担当者としての実務経験がなくとも受け入れてくれる職場はありますが、基本的なパソコンスキルは必須と考えておくべきです。

外部の人との接点も多いため、電話応対やビジネスメールもきちんと身につけておきたいですね。

楽ができる仕事ではないため、派遣社員といえどバリバリ働きたい!と考えている人にはおすすめの仕事です。

秘書

派遣社員として秘書の仕事に就くメリット

企業の重役をサポートしたり、大学教授のスケジュールを管理したり、秘書の仕事に憧れを持つ人は多いですね。

派遣の求人でも、秘書は安定的に人気がある仕事の一つです。

秘書の仕事をざっくりとご説明すると、社長や役員、教授など、重役の人たちの仕事がスムーズに進められるようにサポートすることです。

一年から一か月の予定を管理し、その日の仕事や予定を効率よく遂行できるように、様々な準備を進めていきます。

スケジュール管理以外にも、上司宛ての電話・メールを受け付けたり、来客対応を行うこともありますね。

出張の多い方であれば、旅券・切符・宿泊施設、タクシーの手配を任されることもあります。

その他にも、オフィスや机の掃除や備品の整理、空調の調整など、上司が仕事をスムーズに進められるような空間を作ることも秘書の仕事です。

注意!

タクシー会社は○○しか使っちゃダメ、新幹線は窓側一番後ろのグリーン席など、こだわりの強い重役もいたりしますよ。

コミュニケーションスキルを磨ける

コミュニケーションスキルを磨ける仕事

秘書の仕事はコミュニケーション能力を磨くことができます。

会社にとって重要な取引先をはじめ、周囲の人たちと良い人間関係を築いておくことで、上司の人間関係をつなぐことができるため、派遣先への貢献度もアップします。

一度顔を合わせた取引先の顔や名前、専門分野、趣味などを把握した上で、コミュニケーションを取れるようになると、秘書としての信頼度はますます上がっていきます。

取引相手も重役が出てくることが多く、自ずと高いレベルの人たちとコミュニケーションをとる機会が増えますね。

派遣社員であっても、社外に多くの人脈を作ることができますし、いろいろな考えや情報、知識を得られますよ。

テヘペロ

派遣先で気に入ってもらえると、食事に連れて行ってもらえたりすることもあるみたいですよ。

基本的なパソコンスキルは必須

資料作成を任されることも多いため、ワードやエクセル、パワーポイントなど、基本的なパソコンスキルは必須となります。

取引相手とメールでやりとりすることも多く、正確で素早いタイピング、失礼のないビジネスメールを身につけておく必要もあります。

もちろん仕事を通じてスキルを身に着けていくもできますが、最低限のことができないと、そもそも派遣会社から仕事を紹介してもらえません。

また、派遣先の企業が海外と取引をしている場合、秘書の業務でも英語が必要になることが多いです。

海外の取引相手と英語でやりとりをすることになるため、語学力だけではなく、異文化を理解する姿勢も求められますよ。

ポイント!

語学を活かした仕事がしたい、という方にも秘書の仕事はおすすめです。

マイペースに仕事はできない

マイペースで仕事はできない

やりがいのある秘書の仕事ですが、マイペースに仕事をすることは難しいことが多いですね。

上司のスケジュールや仕事の段取りをきっちり組んでいても、急な会議や予定変更が入ることもしばしば。

上司が考えることの一歩先を予測して行動することが求められるため、基本的に自分のペースで仕事を進めることはできません。

やりとりをする相手も重役であることが多いため、何か失礼な対応をしてしまうと、派遣先に大きな影響を与えてしまうこともあります。

スケジュールの管理ミスや、相手の名前を間違えてメールを送ってしまうなど、ケアレスミスが発生しないように工夫しながら仕事を進めることが大切です。

資格よりも実務経験が優遇される

ちなみに、秘書検定などの資格もありますが、派遣先によって対応に差があるものの、資格の有無で給与が大きく変わることは少ないですね。

資格を持っている人よりも、秘書としての実務経験が豊富な人の方が間違いなく重宝されます。

ヤレヤレ

総合的なビジネススキルが求められる仕事なので、のんびり働きたい人には正直おすすめできません…

経験を積めば正社員登用のチャンスも

語学のスキルがあれば高収入も可能

ビジネスマナーやパソコンスキル、電話や来客対応など、基本的なビジネススキルが必要とされる秘書の仕事。

コミュニケーション力を磨けるだけでなく、上司の行動を先読みするスキルなど、ビジネスパーソンとしての総合力を鍛えられます。

外資系企業や、海外と取引のある企業では語学力を発揮することもできるため、高い時給も期待できます。

社長や役員をはじめ、派遣先で権限を持っている人との接点が多いこともあり、実力を認めてもらえれば正社員登用の声がかかることもあります。

重役としても、秘書がコロコロと変わるのは避けたいため、阿吽の呼吸で仕事ができるパートナーは貴重なのです。

いずれは正社員を目指したい方にも、秘書の仕事はおすすめです。

企画・マーケティング

市場調査のノウハウが身につく

企画やマーケティングの仕事に興味を持つ人は多いですね。

しかしながら、何となくイメージできたとしても、具体的にどんな仕事をしているのか知らない人が多いのも事実です。

企画とマーケティングは一口にくくられることが多いですが、実際の仕事内容は似ているようで少し異なります。

企画の主な仕事

企画の仕事は、新しい商品やサービスを生み出すことが主な仕事になります。

新商品や新しいサービスを作り出すには予算もかかることですし、相当余裕のある企業でない限り、簡単に失敗することもできません。

綿密に市場調査をした結果、顧客に求められているもの、より多くの売上につながるものを考えて形にしていきます。

マーケティングの主な仕事

マーケティングの仕事は、企画によって生み出された商品や既存のビジネスの売上を増加させるための施策を考えていきます。

主要な顧客層に対して、どのようにサービスを認知してもらい、購買してもらうか、競合製品とどのように戦っていくかの道筋を作っていくことになります。

派遣社員として企画やマーケティングの仕事に就く場合、市場調査のデータ集計や資料作成などを担当することが多くなります。

ポイント!

企画とマーケティングがごちゃまぜになっているような職場も少なくありません。どんな仕事を担当するのか、派遣会社の担当者によく聞いておきましょう。

汎用的に役立つスキルが身につく

どんな業界でも役立つスキル

企画やマーケティングの仕事を経験することで、市場調査のスキルやノウハウを学ぶことができます。

どのような業種においても、既存のビジネスを発展させるためだったり、新しいサービスをリリースする上で市場調査は必須のスキルです。

市場調査というと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単にいってしまうと、誰がどんなことで困っていて、どんなものを求めているかを調査することです。

最もわかりやすい例としては、インターネットなどでアンケート調査を実施し、集計した結果を自分なりの切り口で整理していくことです。

実際のところ、アンケートなど簡単に調査できるものは少数で、国が発表しているデータから仮設を立てたり、海外に事業を展開している会社であれば、現地に赴くこともあります。

テストマーケティングとして顧客に実際に商品やサービスを使ってもらい、そこから得られたデータをもとに企画の方向性を修正することもありますね。

モリモリ

エクセルやパワーポイントを多用するため、実践的な資料作成のスキルを磨けることも大きなメリットですね。

やってみないとわからないことも多い

絶対的な正解がない

調査に時間をかけて、綿密に資料を揃えても、企画やマーケティングの仕事に絶対的な正解はありません。

そのため、もっと良い企画を、もっと良い販売計画を、と上から求められてしまうのはツラいところです。

これは売れないだろう…と思っていたものが流行になったり、これは絶対売れる!と確信して、上司も太鼓判を押したものが全く売れない…ということも多々あります。

また、市場調査をする上では基本的なパソコンスキルが必須のため、エクセルやパワーポイントに苦手意識がある方は自宅で練習しておくなど、早めの対策が大切です。

企画やマーケティングの仕事にも締め切りや納期があるため、調査や資料作成に時間をかけすぎることもできません。

それなりにデータが揃ったら、そこから自分の考えや仮設を立てていくことが必要です。

ヤレヤレ

仕事を始めたばかりのころは、派遣先の上司からダメ出しをされることもあるでしょう。少しずつ慣れていくので乗り越えましょう。

細かいデータ分析が得意な方におすすめ

企画やマーケティングは、新しいものを生み出したい人や、データの調査や資料作成が好きな人におすすめの仕事です。

パソコンスキルは必須ですが、特別なスキルや資格は求められないことが多いため、実務未経験でも受け入れてくれる職場はたくさんあります。

いくつかの案件を経験して、着実にスキルを磨いていけば、将来的に正社員として働きたいと思ったときにも役立つことでしょう。

特許事務所

派遣社員として特許事務所で働くことになったとき、主に任されるのは事務仕事です。

特許事務所で働くときは、期限管理の重要性を理解しておく必要があります。

たとえば、特許出願後に要件を満たしていないことがわかると、特許庁より拒絶理由通知が届きます。

指定された期間内に取り下げるか反論するかを、クライアントと相談の上で決めなくてはならないのです。

特許事務の仕事内容は大きく3種類

そして一言で事務といっても、「国内事務」「外国事務」「PCT事務」の3つに分けることができます。

それぞれの仕事内容について簡単にご説明します。

国内事務

文字通り、日本国内の発明を日本の特許庁に特許申請するために必要な手続きをします。

特許申請が依頼されると、出願手続き・拒絶の対応・登録という一連の流れがあります。

これを依頼人と特許庁の間でやりとりをし、適切に事務手続きを進めていきます。

外国事務

国内での発明を外国の特許庁に特許申請するための手続きをします。

また、外国の特許庁は外国の代理人を通じてやりとりをするため、業務のほとんどが外国の代理人とFAXや書面で連絡をとります。

英語をはじめとした語学スキルが必須となる仕事です。

PCT事務

PCTとは国際出願を意味します。

1つの出願でPCT加盟国すべてに出願することができます。

PCT事務の仕事は、オンラインや書面で出願手続きを進めていくことになります。

ポイント!

語学を活かしたオフィスワークがしたい!という人にも、特許事務所の仕事はおすすめですよ。

食いっぱぐれないスキルが身につく

食いっぱぐれない

特許事務所で働いていると、当然のことながら特許に関する知識を深く学ぶことができます。

自分で勉強することも大切ですが、仕事をしているうちに特許の仕組みを理解できるようになります。

たとえば、どのような発明が特許になるのか、特許と実用新案の違いなどです。

また特許事務に関しては、手続きの流れを身につけてしまえば、どこの特許事務所に転職したとしても即戦力として活躍できます。

事務所によって仕事の進め方や方針など、細かいルールに違いはありますが、特許庁に申請する方法は共通だからです。

つまり派遣社員といえど、特許事務所で経験を積むことができれば、将来的にも食いっぱぐれることはないと言えるでしょう。

特許に関われる面白さも味わえる

そして厳密な期限管理の中で身に付けた繊細さは、どのような事務職であっても通用します。

事務所内で扱っている情報は、守秘義務の関係上、家族であったとしても話すことはできませんが、最新の発明を知ることもできます。

特許の中身を見ると、これからこのような商品が流通するのだなと、とても面白いですよ。

モリモリ

いずれは正社員として働きたいという人も、派遣社員として経験を積むことは決して無駄にならないですよ。

厳密な期限管理によるプレッシャー

特許事務所の仕事で最も大変なことは、厳密な期限管理です。

特に大手の特許事務所の場合、抱えている案件が多いこともあり、管理しなくてはならない期限も膨大になります。

特許申請の期限を落としてしまうと、最悪の場合、クライアントから多額の賠償請求をされる可能性もあるのです。

多数の期限が重なる時期は、家に帰っても休みの日でも期限が気になってしまい、心を休めることができないということも。

それだけ期限管理とはプレッシャーの大きいものなのです。

データや書類の管理もシビア

そして扱うデータや書類の管理もシビアです。

書類1枚紛失するだけで、特許を出願できなくなってしまう恐れがあります。

万が一FAXの送り先を間違えてしまうと、特許の情報が漏れてしまうので大問題です。

非常に神経を使う仕事になるので、弱い心を持っていては仕事を続けられません。

うーん

責任の大きい仕事なので、のんびりと楽に働きたい人にはあまりおすすめできません。

几帳面で責任感が強い方におすすめ

几帳面で責任感が強い方におすすめ

特許事務所で働くことに向いているのは、几帳面で神経質、責任感が強い人ですね。

特に期限管理については、とても神経を使う仕事です。

期限を過ぎてしまわないように、何重にも管理体制を整え、なおかつ何回も確認しなくてはなりません。

自分ですべて管理する、という強い気持ちがなくては続かないでしょう。

大変な仕事だからこそ、自分の関わった案件が無事に特許をとれたときの達成感はひとしおです。

また、国内事務であれば特別なスキルは不要ですが、外国事務の場合は英語のできる方が優遇されます。

外国の代理人とのやりとりは雛形のメッセージで対応できることも多いですが、異例の事態になった場合は自分で英語の書面を作成しなくてはなりません。

よって外国事務希望の場合は、読み書きに不自由のない英語力が求められると思っておきましょう。

専門スキルを磨いてキャリアアップを目指そう

オフィスフロアを歩く女性

派遣といっても担当する分野はさまざまで、職種によっては正社員に負けないスキルを取得できることもあります。

秘書や広報など、責任が重く激務を経験する現場もありますが、たくさんのやりがいを感じられる仕事でもあります。

「どうせ派遣社員だから」と諦めず、「派遣からステップアップできる!」という希望が持てる現場を探し、キャリアアップを目指しましょう。

あなたの希望に合った職場と出会えることを願っています。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件