ステップアップしたい女性

派遣社員として仕事をされている方の中には、「いずれは正社員として働きたい!」とお考えの方も多いですね。

ボーナスがもらえるようになったり、交通費もきっちりと支給されることなど、正社員として働くことのメリットはたくさんあります。

もちろん残業や休日出勤を断れなくなったり、数年に一度転勤があったり、正社員特有のデメリットがあることも理解しておくことは大切です。

今回は、派遣社員から正社員登用を目指すコツと、直接雇用されるときの注意点について詳しくご紹介します。

派遣から正社員登用を目指すためのステップ

働く正社員たち

派遣社員から正社員登用を目指すための第一歩は、紹介予定派遣の求人を探すことです。

紹介予定派遣とは、派遣期間(最長6ヶ月)終了後、本人と派遣先企業双方合意のもとに社員となる働き方です。一定期間「派遣」で働くことで実際の仕事内容や職場を見極められ、未経験でも希望の仕事に就けるチャンスがあります。

紹介予定派遣で働く – テンプグループ 

テンプスタッフやランスタッドなどの大手派遣会社であれば、紹介予定派遣の求人を多数抱えているため、まずはいくつかの派遣会社に登録してみることをおすすめします。

登録会やコーディネーターとの面談の際に、いずれは正社員を目指したいこと、紹介予定派遣の仕事を紹介してほしい旨を伝えましょう。

ポイント!

派遣会社を介さず、転職サイトで中途採用の社員募集求人に応募してみることも一つの道ですよ。

必ず社員になれるわけではない

紹介予定派遣で働くときに注意すべきは、100%社員になれると約束されているわけではないということ。

最大6ヶ月の派遣期間の中で、この人なら引き続き社員として活躍してもらいたい、と思ってもらう必要があります。

勤務先から一方的に選ばれるだけではなく、あなた自身もこの職場で働いていきたいと思えるのかをしっかりと見極める必要があります。

うーん

1〜2ヶ月経った段階で契約終了、となることもあります。過度な期待はしないようにしましょう。

契約社員として雇用されることも

期間に定めのある労働者

正社員ではなく契約社員として直接雇用される可能性があることも、注意すべき点のひとつです。

勤務条件は正社員と変わらないものの、ボーナスに差があったり、昇進できなかったりと、職場によっては明確な差があることも。

何よりも契約社員は有期雇用です。

2013年の労働契約法の改正で、契約期間が5年を越えた有期雇用労働者は、無期雇用に切り替えられるようになったことはご存知でしょうか。

有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申し込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。

労働契約法の改正について – 厚生労働省

しかしながら5年が経つ前に契約終了すればいい、と考えている企業が多いのも事実です。

注意!

正社員としての直接雇用を前提とした紹介予定派遣なのか、契約社員としての雇用なのかは事前にきちんと確認しましょう。

派遣社員から正社員を目指すためのコツ

正社員として働きたい女性

直接雇用を前提とした紹介予定派遣といえど、必ず正社員になれるわけではないという点については前述した通りです。

ここからは実際に派遣先で就業がスタートしてから、主に職場での振る舞いや仕事への取り組み方について、社員登用を目指すときのコツについてご紹介します。

職場での良好なコミュニケーション

和やかな職場

社員登用を目指す上で、まず心がけたいのは職場での良好な人間関係を構築すること。

「役職者から気に入られれば、正社員登用を後押ししてもらえる」という意味ではありません。

派遣という立場を気にせず、積極的に職場のスタッフと関わりを持ち、職場の空気に溶け込めるとベストです。

気配り心配りを忘れずに

たとえば、他の社員が忙しく働きまわっているときに、自分の仕事が終わったからといって早々と帰ってしまう派遣社員がいたとします。

契約上は定時で帰っても問題ないのですが、内心としてはよく思われない可能性があります。

何かお手伝いしましょうか?

と一声かけるなど、ちょっとした気配りが自分の評価を上げることにつながったりします。

テヘペロ

たくさん残業すれば社員になれる、というわけでもありません。気配りや心配りが大切です。

何気ない会話も大切

普段から社員との会話が少なく、日常的な会話にも関わろうとしないのはよくないですね。

「あの派遣スタッフは割り切って仕事をしていて、正社員になりたいとは思っていないんだろうな。

と思われていても不思議ではありません。

モリモリ

まずは職場になじむこと、それが正社員登用への第一歩ですよ。

日々勉強する姿勢を見せる

日々勉強する姿勢

仕事への向上心を見せることも、正社員登用につながる重要なポイントです。

派遣社員として働いている人の中には、「いろんな職場を経験したい」「夢の実現が最優先で仕事は何でも良い」と考えている人も少なくありません。

もちろん、そういった考え方自体は決して悪いことではありません。

ですが、雇用主の視点から考えると、会社優先で働いてくれる人でなければ正社員として採用したいとは思えないのが本音です。

他の社員に分からないことを聞いたり、もっと効率的に業務を進められるようにアドバイスを求めたり。

向上心があり、日々学ぶ姿勢を見せていれば、長期的に活躍してくれそうだ、と思ってもらえる可能性が高まります。

仕事に役立つスキルを磨く

パソコンを使う仕事ならExcelやWordの勉強をしてみたり、経理や事務の仕事がメインであれば簿記の資格を取得したり。

お金も時間もかかることですが、派遣から正社員へのステップアップを目指すなら、常にスキルを磨いていく姿勢が大切です。

モリモリ

パソコンのスキルや資格の取得は、一朝一夕で身につくものではありません。コツコツと努力を続けることがポイントですよ。

必要とされる存在を目指す

最も確実な社員登用の道は、「○○さんがいなくなったら大変」「○○さんともっと一緒に働きたい!」と思ってもらえる状態を目指すことです。

派遣社員として働く場合、重要度の高い仕事は任せてもらえないことも多いですが、限られた業務の中でも活躍できるように努力することが大切です。

簡単はことではありませんが、正社員として働くことになって昇給や昇進を目指す上でも、同じように自分を高め続けていくことが求められます。

ヤッター

今の職場において、どんなときも必要とされる存在を目指しましょう。

正社員になりたいという意志を伝える

正社員になりたいという意志を伝える

紹介予定派遣は直接雇用を前提としていますが、一般派遣からも社員登用は目指せます。

一般派遣から直接雇用を目指すときのポイントは、なるべく早い段階で勤務先の上司に希望を伝えておくことです。

普段の日常会話の中だったり、一緒にランチをしたときなどに正社員になりたい旨を伝えましょう。

あなたが正社員登用を目指して努力していることを知れば、役職者や人事担当の見る目も変わります。

あなたの意思が伝わっていない可能性も

社員を目指して毎日頑張っているのに、一向に評価が上がらない…ということも少なくありません。

努力や能力が不足しているというよりも、 「○○さんは活躍しているけど、派遣社員として働くことを望んでいて、正社員になるつもりはない。」と思われている可能性もあるのです。

この誤解を解かない限り、いつまでも直接雇用されることはありません。

正社員になりたい旨を伝えると注がれる視線が厳しくなりますが、逆をいえば、ちゃんと注目してもらえるということでもあります。

戦力になることをアピールできれば、採用の決裁権を持った人事を動かすこともできるでしょう。

テヘペロ

正社員になりたいという想いを胸に秘めているだけでは、誰も気づいてくれません。きちんと言葉にして伝えてみましょう。

派遣からの正社員登用は簡単な道ではない

正社員登用は簡単な道ではない

派遣社員から正社員にステップアップすることは、決して簡単な道ではありません。

まずは今の職場で任された仕事をきっちりとこなせるようになること、勤務先の上司や同僚からの信頼を得て必要とされる存在になることを目指しましょう。

一つひとつ着実にステップアップすることが大切ですよ。

たとえ今の職場で正社員になることができなかったとしても、実践的なスキルが身についていれば、転職サイトや人材紹介会社経由で中途採用を目指すことも夢ではありません。

登録先の派遣会社が直接雇用に前向きではなかったり、紹介予定派遣の求人が少ないようであれば、ランスタッドやテンプスタッフなどの実績豊富な大手派遣会社に切り替えるのもひとつの道です。

あなたの正社員への道が拓けることを願っています。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件