交通費が支給されない派遣社員の仕事、みんなはどうしてる?

初めて派遣社員として働くことを考えたとき、交通費が支給されないことに驚く方は多いです。

アルバイトやパートであっても、全額は出なくとも、移動手段や距離に応じて交通費が支給される職場は少なくありません。

正社員であれば、交通費が出ない会社はブラック企業扱いされる時代です。

どうして派遣の仕事は交通費が出ないのか、派遣社員として働くとき、交通費はどのように考えるべきなのか。

詳しくご説明します。

交通費を支給しない派遣会社が多い理由

交通費を支給しない派遣会社が多い理由

なぜ派遣の仕事では交通費が支給されないことが多いのかというと、交通費を含めている分、時給を高めに設定している、という派遣会社の言い分があったりします。

派遣会社が給与計算の手間を省きたい、という側面もありますね。

毎月、働いた時間に応じて、派遣スタッフに支払う給与や、派遣先への請求金額を計算するわけですが、ここに交通費の計算が絡んでくると、非常に面倒になるのです。

フルタイムの方なら通勤定期を購入すれば交通費の精算は楽ですが、そうでない場合もたくさんあります。

電車の遅延が発生したことで、いつもと異なる路線を使用して出勤した日もあれば、バスを利用する日もあったり。

スタッフ一人ひとりの交通費を整理するだけで、膨大な時間がかかります。

業務を効率化することも、多くのスタッフを抱える派遣会社にとっては重要なテーマなのです。

ヤレヤレ

システム化すればいい、という意見もありますが、それなりの負担が発生するので簡単には進められません。

派遣先もコストをなるべく抑えたいのが本音

派遣先の視点からも、交通費の扱いについて考えてみることにします。

派遣社員を受け入れるメリットのひとつに、社会保険の手続きにかかる手間や費用の負担がなく、必要な時期だけ、時給のみで人を雇えるという点があります。

そして派遣先が支払う金額には、派遣会社の利益分も上乗せされています。

どんな会社も、できるだけコストを抑えたいのが本音。

派遣会社からスタッフの交通費も負担してほしいとお願いされても、これ以上は支払えない!と断ることが多いのです。

月々数千円、高くても1万円前後の出費くらい出してもいいのでは?と思ってしまいますが、なかなか前向きに考えてくれる企業は少ないものです。

うーん

出勤日数が多くなるほど、交通費の自己負担額が大きくなってしまうのは正直つらいところですよね…

交通費が支給される派遣の仕事もある

交通費が支給される派遣の仕事もある

交通費が支給されない派遣の仕事は多いものの、交通費を出してくれる求人も中にはあります。

しかし派遣会社が交通費を負担してくれる仕事の場合、時給は低めに設定されていることが多いです。

交通費が支給されたとしても、結局手取りの金額が少なくなるなら意味がないですよね。

時給の高さを優先するか、交通費が支給されることを優先するかは、個々に計算して判断していくしかありません。

ヤレヤレ

自宅から歩いて通える、もしくは自転車で通勤できる場所で、時給の高い仕事に就くことができれば最高ですが、なかなか難しいですよね…

交通費が高くても働くという選択

派遣社員として働いている方の中には、交通費の負担が増えることを気にせずに、好きな場所で働いている人もいます。

交通費負担以上のメリットを得られるのであれば、交通費が高くても問題ない、という判断をされているのでしょう。

どうしてもやりたかった憧れの仕事に就ける場合や、その仕事を経験することが後々のキャリア形成にプラスになる場合など。

交通費をケチってチャンスを失うことよりも、経験や学びを優先したい!という理由から、通勤に1時間以上かかるような派遣先で働いている人もいるのです。

注意!

交通費の負担が大きくなることもそうですが、通勤時間が長くなることも考慮して仕事を選ぶことが大切ですよ。

派遣社員の交通費問題が改善される可能性も

交通費が高くても働くという選択肢

2018年2月、派遣社員にも交通費を支給すべきだと、大手派遣会社のリクルートスタッフィングに対して訴訟を起こしたことがニュースになりました。

正社員に支払う通勤手当を払わないのは違法だとして、人材派遣会社リクルートスタッフィング(東京)の元派遣スタッフの男性が、未払い交通費約72万円を同社に求める訴訟を7日、大阪地裁に起こした。

「派遣にも通勤手当を」リクルート関連会社を提訴 – 朝日新聞デジタル

リクルートスタッフィングは「派遣スタッフは通勤費用も勘案して給与額を設定している。」とコメントを出しているようです。

派遣スタッフの訴えが認められて、未払い交通費が支払われることになった場合、派遣業界全体が大きく動く可能性があります。

同じように訴訟を起こす派遣スタッフもたくさん現れるでしょう。

派遣会社としても交通費支給に関する新しい制度を導入するなど、何かしら対策を打ち出してくることも考えられます。

反対に、未払い交通費の支払いが認められなかった場合、今後も派遣社員に交通費が支給されることは考えづらくなります。

今後の動向に注目しましょう。

うーん

交通費が全額きっちりと支給されるようになっても、時給を減らされることになりそうでちょっと心配ですね…

派遣の仕事は何を優先して選ぶかが大事

何を優先して仕事を選ぶかが大事

派遣の仕事に限った話ではありませんが、何を優先して仕事を選ぶかが大切です。

何よりも手取りの給与を多くしたいということであれば、交通費負担をなるべく抑えられる場所で、時給の高い仕事を探すのがいいでしょう。

今までの経験を活かした仕事をしたいということであれば、多少の交通費負担を覚悟しないといけないときもあるでしょう。

交通費を負担することが絶対に嫌ということであれば、時給が少し下がってしまうことを受け入れましょう。

派遣会社の担当者も、希望に合いそうな仕事を一生懸命探してくれるとは思いますが、すべての希望条件を完璧に満たしている仕事には、なかなか出会えないものです。

派遣社員として働くことは、残業がなかったり、自分の好きな仕事内容を選べたりと、メリットがたくさんありますが、交通費の扱いについては間違いなくデメリットの一つです。

妥協できる条件、ゆずれない条件、それぞれを総合的に判断して、仕事を選んでもらえたらと思います。

あなたの希望条件に合った仕事と出会えることを願っています。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件