Webデザイナーとして活躍

デジタルコンテンツに関わるクリエイティブ関連の職種は、派遣求人の中でも常に人気があります。

一言でクリエイティブといってもWebデザインをはじめコーダー、編集・ライティング、DTPにCADなど、とても幅が広く奥深い世界です。

派遣のクリエイティブ職種の仕事内容はどんなものなのか、どのような専門スキルが求められるのかを確認していきましょう。

デザイナーやコーダーなどの仕事に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

Webデザイナー

Webデザインの仕事

今も昔も、ものづくりに関わる仕事は人気がありますが、中でもWebデザイナーの仕事に憧れる人は多いですね。

Webデザインを学ぶための専門学校もありますし、派遣求人の中でもWebデザインの仕事は常に人気があります。

Webデザイナーとは、その名の通りWebサイトのデザインを制作することが主な仕事になります。

クライアントが思い描くWebサイトを制作できるように、その構成を考えながらデザインを築き上げていきます。

単純に見た目がカワイイ、カッコイイだけではなく、Webサイトとしての機能性、見やすさや使いやすさも考える必要があります。

クライアントがそのWebサイトに何を期待しているのか、何をゴールと考えているかによって、デザインの方向性も変わっていきます。

ビジネスにおいてWebサイトは必須

企業や個人、業種などを問わず、今はWebサイトがないとビジネスを進められない時代です。

製品やサービスのイメージを良くも悪くもしてしまうため、Webデザインはとても重要度の高い仕事といえます。

テヘペロ

デザイナーという肩書にはちょっと憧れちゃいますが、仕事になると大変なことも多そうですね。

スキルを磨くことが年収アップに直結

スキルを磨いて年収アップ

どんな企業もWebサイトを公開することが当たり前になっている現代において、経験豊富なWebデザイナーは引く手あまたの状態です。

派遣先によっては、仕事の範囲がデザインだけに留まらず、ライティングやコーディング、プログラミングに携わることもあります。

Webデザインのスキルだけでも仕事はたくさん見つかりますが、関連するスキルを身につけることで、ますます重宝される人材になることができます。

検索エンジンからの流入を増やすためのSEO対策や、Javaなどの動体を取り入れるプログラミング技術など、Webに関わるスキルを身につけるほど年収アップにもつながります。

スキルを身に着けて経験を積んでいくことにより、将来的にはWebディレクターとしてキャリアアップすることも夢ではありません。

ポイント!

Webの世界は求められるスキルや技術が幅広いため、経験を積みながら学んでいくことをおすすめします。

求められるクオリティが厳しいことも

Webデザイナーとして働くことの厳しさは、スキルがすべて、という点に尽きます。

いくら熱意をアピールしても、スキルがなければ戦力にならないため、受け入れてもらえません。

特に派遣社員の場合、実務未経験で受け入れてくれる派遣先は少ないです。

Webデザインの実務経験がない場合、少なくともPhotoshopやIllustratorなどの基本操作はマスターしておきましょう。

また、職場環境がハードになりがちなのも特徴です。

納期が近づいてくると、連日夜遅くまで残業が続くことも。

派遣社員にそこまで求められることはありませんが、徹夜をしたり、休日出勤で仕事をしている人も多いですね。

Webデザイナーは常に納期との戦いになるため、どこまで細部にこだわるか、どこかで妥協すべきか、といった判断も迫られます。

ヤレヤレ

派遣先によって様々ですが、常にバタバタと慌ただしい職場も少なくありません。

細部までこだわれる人におすすめ

どんなときも納期は絶対

Webデザインにはトレンドがあるため、常に最新の情報をキャッチしていくことが必要です。

日常生活を送っているだけでも、あらゆるデザインが目に飛び込んできます。

ふと目に入ったものが気になる方、そのデザインに疑問を抱ける方、細かい作業が好きな方などはWebデザイナーに適正があるといわれます。

また、Webデザイナーとして成長するためには、他の人とは異なる着眼点を育てていくことも求められます。

簡単なことではありませんが、誰にでも作れるデザインではなく、あなたにしかできないWebデザインを確立していきたいですね。

知識もスキルも求められる仕事ですが、派遣社員として複数の職場で経験を積むことができれば、正社員登用のチャンスも広がります。

人脈も広げていけば、フリーランスのWebデザイナーとして活躍できる可能性もありますよ。

Webコーダー

スキルを磨くほど活躍の場が広がる

Webデザイナーといえば、どんな仕事をするかイメージも浮かびやすいと思いますが、コーディングという仕事もWebサイトを運営する上で重要な役割を担っています。

Webコーダーとは、プログラミング言語を利用して、Webサイトを作り上げる仕事のことです。

私たちが日々目にしている様々なWebサイトのほとんどは、Webコーダーが打ち込んだHTML(HyperText Markup Language)という言語で構築されています。

クライアントからWebサイト制作の依頼を請けた場合、まずはWebデザイナーが、サイトのデザインを作り上げることになります。

Webデザインがサイトの表側の仕事だとすると、コーディングは裏側の仕事。

Webデザイナーが作り上げたデザインを、インターネット上で適切に表示、動作させられるように、Webコーダーがサイトを構築していきます。

従って、インターネットやパソコンに関する基本的な知識はもちろんのこと、PhotoshopやIllustratorなどのデザイン編集ソフトを操るスキルが必須です。

クライアントや Webデザイナーと打ち合わせを重ねることもあるため、相手の意図を読み取るスキルやコミュニケーションも大事な仕事です。

ポイント!

サイト上で右クリックをして「ページのソースを表示」を選ぶと、そのサイトのHTMLを見ることができますよ。

実務未経験でもスキルがあれば活躍できる

Webコーダーのメリットとして一つ挙げられるのは、無資格・実務未経験でも飛び込める業界であるということです。

基本的な知識と最低限のスキルは必要ですが、必ずしも資格や豊富な経験がなければいけないというわけではありません。

もちろん実務経験が豊富な人ほど、より高い時給の案件に就くことができます。

また、Webコーダーとして経験を積んでいけば、各種認定資格を取得することも可能です。

Webクリエイター能力認定試験や、PHP技術者認定試験といった検定があるので、チェックしてみてください。

Web業界で仕事を続けていくつもりであれば、将来的なキャリアアップにも役立つため、取得してみることをおすすめします。

サイト運用の面でも活躍の場は多い

Webサイトを新たに作るときだけではなく、既存のサイトを改修したり、ページを追加するなど、運用面でもWebコーダーの力は必要とされています。

今は企業・個人を問わず、あらゆるWebサイトがインターネット上で無数に公開されています。

ビジネスを進めていく上で、Webサイトの運用は欠かせないため、Webコーダーの活躍の場は無限に広がっているともいえるのです。

ヤッター

コーダーとしての経験を積めば、在宅で子育ての空き時間に仕事を請けるなんてことも実現できますよ。

スキルと知識がないと仕事についていけない

最低限の知識が必要

Webコーダーの仕事は、HTMLやCSS、PHPといった専門的なスキルが必要となるため、知識のない人がいきなり始められる仕事ではありません。

また、Webの世界は動きが早いため、トレンドもどんどん移り変わっていきます。

一度学べばそれで終わりではなく、常に新しいものを学んでいく姿勢が求められる仕事です。

たとえば、今はスマホでもWebサイトが適切に表示されるかどうかが重要視されていますが、10年前には考えられなかった技術です。

ほかにも、Googleなどの検索エンジンで上位表示されるように、SEO(Search Engine Optimization)の知識を身につけていくことも求められます。

HTMLとCSSを学べば、基本的なWebサイトを作ることはできますが、最低限のスキルだけでクライアントの要求に応えられるほど甘い世界ではありません。

派遣社員にも残業を依頼されることが多い

担当する案件によっては納期に余裕がなく、派遣社員でも遅くまで残業をすることもあります。

少しでもお金を稼ぎたい人にはぴったりですが、プライベートの時間を確保したい人にはおすすめしづらい仕事です。

うーん

Web業界は長時間労働や休日出勤が多くなりがちです。ライフスタイルに合わせて仕事を選んでくださいね。

自分の頑張りや努力が形になる喜び

努力が形になる喜び

Webコーダーの仕事は、Webデザイナーのような華やかさはありません。

ですが、クライアントの要求通りの機能を実装して、狙い通りにWebサイトを運用できるかどうかは、Webコーダーの腕にかかっています。

自分の頑張りがWebサイトとして形になり、クライアントにも喜んでもらえることは、とてもやりがいを感じられる瞬間です。

派遣社員としていくつかの案件を経験すれば、正社員へステップアップするチャンスも増えていきます。

今後はクラウドワークのような働き方も一般的になっていくため、フリーランスのWebコーダーとして働ける場も広がっていくことでしょう。

編集・ライティング

編集・ライティングの仕事内容

最近はWebライターの仕事も増えてきて、編集やライティングの仕事に興味を持つ人も多くなっていますね。

派遣の仕事においても、編集やライターは人気のある仕事のひとつ

編集やライティングの仕事は、実に幅広いものです。

職場によって差はありますが、編集を担う場合、文章を書くだけではなく紙面の構成や写真の選定など、媒体全体の方向性を決めていくことが主な仕事になります。

また外注のライターが執筆した記事を受け取り、媒体に合わせて校正を行うこともありますね。

データの裏取りなど、アンケートが必要な記事の場合は、インターネット経由で大勢の人にアンケートをお願いすることも。

コミュニケーションスキルが求められる

ライティングを担う場合は、その名の通り文章を書くことがメインになります。

ただ文章を書けばいいだけではなく、編集の意図を汲み取ったり、インタビューで話題を引き出すなど、コミュニケーションスキルも求められます。

紙媒体を扱うのか、Webメディアに関わるのかによって、仕事の範囲は多少変わってきますが、情報を届ける仕事である点において大きな差はありません。

世の中にあふれかえる膨大な情報の中から、適切なものをピックアップして、一つ一つ検証しながら整理していくという、とても地道な作業が求められる仕事です。

ポイント!

編集とライターの仕事は似ていると思われることも多いですが、仕事の範囲は意外と違うものですよ。

仕事を通じて幅広い知見を深められる

編集やライティングの仕事を通じて得られる最大のメリットは、幅広い知識を得られるということでしょう。

たとえば、自分の得意分野があったとします。

得意分野、専門分野についての知識を生かして、編集やライティングの仕事に就けることはメリットのひとつです。

元々詳しい分野だったとしても、ライティングのために情報を調べてみると、今まで知らなかった知識を得られることもよくあります。

専門外の分野についても、編集作業に関わっていることで新しい知識をどんどん得ることができます。

新しいことを知ること、学ぶことが好きな人であれば、日々の仕事を面白いと感じられることでしょう。

また、どのような文章を書けば人の心を動かせるか、どのような紙面にすれば売上が増加するか、といった専門的なスキルを身につけることもできます。

コチラ

ブログを書くのが好きな人や、昔から文章を書くことが得意な人は、活躍できる可能性が高いですよ。

正解のない仕事のため強い信念が必要

幅広い知見を深められる

編集やライティングの仕事には絶対的な正解が存在しません。

情報を発信するときに気を付けるべきは、正しい内容であることは当然として、ユーザにとって有益な情報を届けることです。

特にライティングの仕事は、正しい専門知識をもとに文章を書いていくことが大切です。

情報の裏付けをとったり、調査することに時間もかかるため、思っている以上に手間のかかる大変な仕事です。

また、編集やライティングのジャンルは幅広く、中にはゴシップを扱うときもあるでしょう。

記事の内容によっては、編集者の主観が大きく入っていることもあります。

自分の関わった仕事で、誰かを傷つけてしまうこともあるかもしれませんね。

正解のない仕事だからこそ、強い信念を持って仕事に取り組むことが求められます。

締切の迫る中で求められる成果を出していく

加えて、編集やライティングの仕事には締め切りというものがあります。

締め切り間近で抱えている案件が多いときは、派遣社員といえども遅い時間まで残業をすることもあるでしょう。

うーん

どのようなジャンルに関われるかは派遣先次第なので、仕事を選ぶ段階からしっかりと見極めていきましょう。

地道に経験を積んでいくことが重要

強い信念が必要

編集やライティングの仕事は、場数をこなしていくことで確実にスキルが身につきます。

もちろん基礎知識はあった方がいいですし、色々なことに興味を持つことも必要です。

クラウドワークのような働き方が増えてきて、パソコンひとつで文章を書けることから、興味を持つ人が増えているのは事実です。

ですが、知識も経験もゼロの状態で、いきなりクライアントの要望に応えられるほど簡単な仕事ではありません。

派遣社員として、複数の職場で様々な案件を経験できれば、正社員として活躍する道も見えてきます。

専門分野を確立できれば、フリーランスの編集者やライターとして働くことも夢ではありません。

DTPオペレーター

広告や販促物などのデザインに関われる

ポスターやチラシ、出版物など、デザインに関わる仕事に憧れる人も多いですね。

フリーランスのデザイナーとして活躍している人もたくさんいますが、実務未経験でなれるものではありません。

印刷物やデザインに関わる仕事に興味があるのなら、DTPオペレーターという仕事がおすすめです。

DTPオペレーターの主な仕事は、デザイナーが制作した出版物や販促物などを、印刷用にレイアウトするというものです。

ちなみに、DTPとはDesk top publishingの略語です。

InDesignやIllustrator、Photoshopといったグラフィックソフトを駆使して、フォントを選んだり、文字の行間・字間を調整する、画像を入れるといった作業を行います。

職場によって仕事内容に差はありますが、制作したデータの入稿チェックのほか、印刷会社や外注先の選定を任されることもあります。

ポイント!

無料で使える画像編集ソフトなどもありますが、仕事現場ではPhotoshopやIllustratorを使うことがほとんどですよ。

自ずと高度なスキルが磨かれていく

DTPオペレーターの仕事では、日々InDesignやIllustrator、Photoshopを扱うため、自ずと高度なスキルが身についていきます。

着実にスキルを磨いて、経験を積んでいけば、フリーランスのDTPオペレーターとして活躍することもできます。

印刷物についての知識も身についていくため、正社員として印刷会社へ転職する道も見えてきますね。

ほかにも、広告代理店やイベント企画会社、写真スタジオ、編集社など、DTPオペレーターとして学んだことを生かせる場はたくさんあります。

デザイナーへのキャリアアップも可能

グラフィックソフトのスキルや知識に加えて、デザインセンスを求められますが、DTPオペレーターからデザイナーへとキャリアアップすることも不可能ではありません。

日々様々なデザインと触れ合うため、デザイナーを目指してみたいと考える人は多いですね。

ヤッター

名刺やポストカードなど、複雑なものでなければ、すぐに作れるようになりますよ。

基本的なパソコンスキルは必須

パソコンスキルは必須

DTPオペレーターとしての実務経験がなくても受け入れてくれる会社はあります。

ただし、基本的なパソコンスキルは必須です。

PhotoshopやIllustrator、InDesignについても、基本操作を理解しておかないと、派遣社員として受け入れてくれる職場は少ないでしょう。

ほかにも、絶対に漢字を間違えてはいけない、変な色味にしてはいけない、といったプレッシャーもあります。

とても細やかな対応を求められる仕事のため、大ざっぱな人だとなかなかに大変です。

DTPオペレーターは時給が安め

さらに、DTPオペレーターとして働くことの大きなデメリットは、給与があまり高くないという点です。

派遣先によって時給に差はあるものの、DTPオペレーター1本で暮らしていくのは難しい、という人もいるくらいです。

ヤレヤレ

自宅のパソコンでIllustratorやInDesignを練習しようとしてもそれなりにお金がかかりますし、高収入を目指しづらい仕事です。

資格取得でより良い条件の仕事へ

資格取得がおすすめ

DTPオペレーターの仕事は、チラシや飲食店のメニューブックなど、デザインに関わることが好きな人、グラフィックソフトの知識を持っている人におすすめです。

DTPエキスパート認証試験、DTP検定といったDTPオペレーターに関わる資格を持っていると、正社員としての転職を目指すときにも印象が良くなります。

色彩検定をはじめ、Illustrator、Photoshop、InDesignに関連する資格を取得しておくこともキャリアアップにつながります。

より好条件の仕事に就くためのきっかけにもなるため、時間に余裕のある方は資格取得の勉強に励んでみることをおすすめします。

CADオペレーター

CADオペレーターの仕事

CADオペレーターという仕事をご存知でしょうか。

派遣の仕事でも常に求人が多数出ているのですが、簡単にいうと、パソコンを使って設計を行う仕事のことです。

建築物や電子部品の設計など、あらゆる場面でCADの技術が用いられています。

CADオペレーターは、建築のための設計図面や水道工事などの工事図面、または電子部品の設計図面や金型で生産するものの図面などを製図、または製図の補助が主な仕事になります。

ちなみに、CADというのはcomputer-aided designの略語です。

専用のソフトを使用して、コンピューターの画面上で線に必要な数値や角度をキーボードを使用して入力し、実際に曲線や直線を引いていき、最終的には紙の図面にしていきます。

担当する図面それぞれに数値や記号で表示されるものがあり、数値や記号ごとに決められた意味が有ります。

ポイント!

建築や工業製品だけに限らず、身近なものだと洋服の型紙を作ったりすることもありますよ。

高度な専門スキルが身についていく

CADオペレーターとして働くことのメリットは、高度な専門スキルを身につけられることに尽きます。

CADは経理や人事のように、職業のひとつとして確立されており、CADオペレーターとして様々な案件を経験を積むことはキャリアアップにも直結します。

また、CADを用いた曲線の操作が上達すると、グラフィックソフトのIllustratorや、3DCGの製作技術にも通じるスキルを身につけることができます。

3Dプリンターを使用する際、製作元となる図面にもCADの技術は欠かせないもので、さらなる発展が期待される3Dプリンターの分野で活躍できるチャンスもあります。

服飾などの型紙製作の世界や、庭の設備の配置の設計などでは、CADによる製図技術そのものを趣味に活かすことも不可能ではないでしょう。

ヤッター

CADの技術を身につけておけば、あらゆる業種、分野で活躍できるチャンスが広がりますよ。

仕事に就くには最低限のスキルが必須

知識とスキルが必要

知識もなく、実務経験もない状態からCADオペレーターの仕事に就くことは現実的ではありません。

CADを学ぶための専門学校もあるくらい、専門的な知識や技術を学ぶ必要があります。

基本的なスキルを身に着けておかないと、派遣社員として受け入れてくれる職場は見つからないでしょう。

また、建築や電子部品など、製図のジャンルが異なると扱う専門用語も大きく異なります。

自分の得意なジャンルで学習しても、職場とマッチングしないとゼロから学びなおすことになってしまうことも。

幅広い知識を身につける必要があるため、常に学んでいく姿勢が求められる仕事です。

主要CADソフトは個人で導入が難しい

さらに、主要なCADソフトは非常に価格が高いため、自分で学習することが難しいという側面もあります。

パソコンの画面上に引かれている線を見続ける職業のため、目の負担が大きくなることもつらいですね。

コチラ

CADを学べる通信講座もありますので、CADの仕事に興味がある方はチェックしてみてくださいね。

スキルが有れば仕事に困ることはない

仕事に困ることはない

CADオペレーターとして経験を積めば、仕事に困ることは少なくなるでしょう。

数字に抵抗がない方や、細かい図面を見続けることが苦ではない方、丁寧な作業が得意な方はCADオペレーターとして活躍できる適性があります。

スキルを持った人材の絶対数が少ないこともあり、派遣の求人に限らず、正社員としての求人も豊富です。

専門性の高さはあるものの、その分、正社員登用のチャンスがかなり高い仕事です。

クリエイティブ関連の仕事でスキルを磨こう

デザイナーへのキャリアアップも

Webデザイナーをはじめとしたクリエイティブ関連の派遣求人は、今後も需要が伸びていくことが予想されています。

スキル習得に努力が必要な職種ではあるものの、まじめに取り組めば着実に力はついていくものです。

実力を形にして稼ぎたい、手に職をつけて将来に備えたい…!と考えているならクリエイティブ関連の仕事に挑戦してみましょう。

あなたの希望に合った職場と出会えることを願っています。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

セントメディア

セントメディア
オススメ度4.5
特徴優良派遣事業者に認定
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.0
特徴世界2位の人材サービス会社
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件