ワーキングママも派遣社員なら働きやすい

「保育園も見つかったし、そろそろ仕事を探さないと・・・」

「子供との時間も確保したいから、正社員は厳しそう・・・」

と悩む人はとても多いですね。

収入面だけを考えれば正社員がベストですが、残業や休日出勤が心配です。

アルバイトやパートなら仕事は見つけやすいものの、時給の安さが気になったり。

どんな働き方がベストかはライフスタイル次第ですが、とくに子供が小さいうちは派遣の働き方を選んでみませんか?

このページでは、子育て中の主婦に派遣の仕事をおすすめする理由について詳しく解説します。

派遣の仕事が気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

子育て中の主婦が派遣を選ぶメリット

主婦が派遣社員として働くメリットを整理すると、大きくは以下3点です。

  • 残業ゼロで勤務時間の融通もつけやすい
  • アルバイトやパートより稼ぎやすい
  • いずれ正社員へ復帰するときも役立つ

もちろん「派遣にはメリットしかない!」ということは決してありません。

派遣だからこそのデメリットも理解しておくことが大切です。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

残業ゼロで勤務時間の融通もつけやすい

オフィスワークで活躍する女性

お子さんが通っている、または通う予定の保育園は何時までにお迎えに行くルールですか?

残業でお迎えが遅れてしまうと延長料金がかかったり、何より子供に寂しい思いをさせてしまいます。

子供が小さいうちはとくに、なるべく早くお迎えに行ってあげたいですよね。

正社員として働いていると残業を避けられないことも多く、余程理解のある職場でない限り残業ゼロで働くのは難しいのが現実です。

その点、派遣なら基本的に残業が発生しません。

正しくは、残業をお願いされても断ってしまって問題ないのです。

派遣社員は時給が高く、サービス残業をさせることもできません。

派遣先としても人件費はなるべく抑えたい、という本音が隠れていることも。

ダメー!

万が一派遣先からサービス残業をお願いされたときは、絶対に断ってくださいね。すぐに派遣会社の担当者に連絡です。

1日5〜6時間の時短勤務も可能

「できれば17時には子供を迎えに行きたい・・・」

という方も多いですが、派遣なら週4日、6時間勤務なども可能。

週5日、1日8時間のフルタイムで働いている方も多いですが、時短勤務を希望する人も少なくありません。

「保育園のお迎えがあるので16時半までには退勤したい」

と派遣会社の担当者に伝えておけば、条件に合った職場を探してもらえますよ。

ただし、希望通りの仕事がすぐに見つかるかは運次第。

また、勤務時間が少なくなるほど、給料が減ってしまうことも理解しておきましょう。

派遣会社を通して条件交渉がしやすい

「来週の水曜日は保育園の創立記念日だから私も仕事を休みたい」

「今の仕事を続けて1年以上経つので、そろそろ時給を上げてほしい」

勤務時間や出勤日、時給などのさまざまな条件交渉を派遣会社に丸投げできるのも派遣のメリットといえます。

基本のおさらいになりますが、派遣社員として働くときに雇用関係を結ぶのは派遣会社。

正社員やアルバイトと異なり、実際に仕事をする勤務先と雇用関係はありません。

直接言いづらいことも派遣会社を通して伝えられるので、余計なストレスを感じることが少なくなります。

もちろん派遣会社に依頼したからといって、すべての希望が通るわけではありませんよ。

うーん

万が一パワハラやセクハラがひどかったりしたときも、すぐに派遣会社に相談してくださいね。

子育てに理解のある派遣会社も多い

「すみません、子供が今朝から急に熱を出しちゃて・・・」

子供の体調不良は予測できませんよね。

さっきまで元気に遊んでいたのに急に熱を出したり、気持ちよさそうに寝ていたのに突然嘔吐したり。

どうしても仕事を欠勤する日は増えてしまいます。

「急に休んじゃったからクビにされるかも・・・」

と不安になる気持ちもわかりますが、ほとんどの派遣会社は子育てママの対応に慣れているので安心してください。

ただし、派遣会社に甘えて何をやっても許されると勘違いしてはいけません。

休み明けには迷惑をかけたことをお詫びしたり、感謝の気持ちを伝えるなど、ビジネスパーソンとして最低限のマナーは守りましょう。

ダメー!

子供の対応でバタバタしていても、無断欠勤だけは絶対にダメですよ。

アルバイトやパートより稼ぎやすい

家計簿をつけている主婦

「旦那が安月給だから私が稼がないと・・・」

「せっかく働くなら少しでも多く稼ぎたい・・・」

という方にこそ、派遣の仕事はおすすめです。

アルバイトや派遣の時給は地域や業種によって差がありますが、ほとんどの場合、派遣の方が時給は高いです。

たとえば、タウンワークで調査した東京都のアルバイト平均時給は約1,100円でした。

アルバイト平均時給(タウンワーク)

一方、リクナビ派遣で調査した東京都の派遣平均時給は約1,600円。

派遣の平均時給(リクナビ派遣)

いずれも2018年10月に調査した金額ですが、500円の差はかなり大きいですよね。

実際に週4日、1日5時間働いた場合、アルバイトと派遣でどれくらい差が出るのでしょうか。

まずはアルバイトの例を見てみましょう。

アルバイトの給与テーブル例

時給1,000円の仕事で、月収は約8万円。

一方派遣の仕事だと、同じ時間働くだけで月収は以下のように差が開きます。

派遣の給与テーブル例

時給1,500円の仕事に就ければ、月収は約12万円。

同じ時間働いて、月収で4万円の差は大きいですよね。

ただ、実際は所得税や交通費などが引かれるため、あくまで理論上の数値としてお考えください。

コチラ

専門的なスキルが求められる仕事だと、派遣時給は2,000円を超えることもありますよ。

子供が大きくなると出費も増える

「今はまだ子供が小さいけど、大きくなったら出費が増えそう・・・」

と心配になりますよね。

文部科学省が公表している子供の学習費調査によると、幼稚園から高校までにかかる年間費用は以下の通り。

幼稚園から高校にかかる学費

これは給食費や習い事の月謝なども含めた金額です。

小学校から私立に通わせることの恐ろしさがよくわかりますよね。

さらに、高校卒業後に大学や専門学校に進学する場合はさらなる覚悟が必要です。

日本政策金融公庫の教育費に関する調査結果をまとめた結果がこちらです。

高校卒業後の学費の例

私立大学に進学した場合、初年度で250万円前後が飛んでいきます。

もちろん子供が2人、3人と増えれば、教育費も比例して上がっていくということ。

旦那さんの稼ぎだけで賄えれば万々歳ですが、今の時代、なかなか難しいのが現実です。

将来の出費に備えて、少しでも効率よく稼げる仕事を選びましょう。

モリモリ

奨学金などを利用できても結局は借金ですから、なるべく子供の負担は減らしてあげたいですね。

充実の福利厚生サービスがうれしい

エステやネイルサロンを割引価格で利用できるなら、ぜひ使ってみたいと思いませんか?

大手派遣会社を中心に、福利厚生サービスが充実しているのも派遣のメリットといえるでしょう。

パートやアルバイトとして働く場合、最低限の福利厚生しか利用できないことがほとんど。

個人経営の飲食店など、「福利厚生? なにそれ?」といった職場も少なくありません。

ホテルや旅館、レンタカーを安く使えれば、家族旅行にも行きやすいですし、割引が適用されるならエステにも行ってみたいですよね。

派遣会社によっては提携先の保育園やベビーシッターサービスを安く利用できる制度もあるので、利用しない手はありません。

スキルアップ研修も無料で受けられる

派遣会社の福利厚生は、プライベートを充実させられるサービスだけではありません。

パソコンスキルやビジネスマナーに自信がなければ、派遣会社が主催する研修や各種講座に参加することも可能。

パソコンスクールなどに通うより断然お得なので、積極的に活用してみましょう。

「研修の受講は有料」という派遣会社も一部あるため注意してください。

ポイント!

派遣社員として働くなら福利厚生の各種サービスは利用しないと損ですよ。各社のサービスをチェックしてみてくださいね。

社会保険加入や有給休暇も利用可能

一定の条件を満たせば、社会保険にももちろん加入できます。

半年以上、ひとつの派遣会社で勤務を続けていれば有給休暇も利用可能。

社会保険に加入すると手取りが減ってしまうため、加入を渋る人が多いのも事実。

派遣会社の担当者とよく相談しながら、仕事のペースなどを考えましょう。

待機期間が長引くと収入減のリスク

派遣時給の高さや福利厚生の充実ぶりは魅力ですが、待機期間の存在を忘れてはいけません。

タイミングが悪いと、すぐに希望の仕事が見つからず、2週間、3週間とただ待たされるだけの日が続くことも。

派遣社員は時給で働いていますから、待機期間が長引くほど収入は減ってしまいます。

待機期間を最小限にするためのコツは以下3つ。

  • 妥協できる条件を探す
  • スキルアップを目指す
  • ほかの派遣会社を頼る

複数の派遣会社に登録しておけば、希望の仕事と出会えるチャンスは増えます。

派遣の仕事を探すなら、2〜3社の派遣会社に登録を申し込んでおきましょう。

コチラ

まずは名前を聞いたことのある大手派遣会社や有名どころを選んでおけば間違いないですよ。

いずれ正社員へ復帰するときに役立つ

遠くを見つめるスーツ姿の女性

「子供が中学生くらいになったら正社員でガッツリ稼ぎたい」

「マイホームも買いたいし、そろそろ正社員に戻ろうかな」

子供が大きくなってくると、少しずつ子育ても楽になっていきます。

30代後半や40代で正社員の仕事を探そうと思ったとき、派遣の経験があれば有利になる可能性が高いです。

採用担当者があなたの職務経歴書を見たときに、パート経験しかない経歴と派遣社員として経験を積んだ経歴、どちらを魅力的に感じるか、ということです。

「私はもう二度と正社員にはならない!」

と強い覚悟を持てるなら気にする必要はありません。

ただ、いずれ正社員に戻る可能性が少しでもあるなら、派遣で経験を積んでおくことをおすすめします。

スキルアップにつながる仕事も多い

シフトの自由度という点では、派遣よりパートやアルバイトが有利です。

しかしながら、関われる仕事内容という点では大きな差があります。

派遣社員は正社員とほとんど変わらない仕事を任されることも多く、職務経験としてきちんと認めてもらえることがほとんど。

大手企業で働けるチャンスも多く、貴重な経験を積んでいくことも可能です。

一方、スーパーやコンビニのアルバイト経験しかないと、中途採用の書類選考でどうしても不利になってしまいます。

もちろん重要なのは雇用形態ではなく、どのような経験を積んできたかどうか。

派遣といっても食品工場の仕分けや梱包の経験しかないと、目立ったアピールにはなりません。

将来のことを見据えながら、どんな仕事を選ぶべきかも考えてみてください。

ヤッター

営業事務をはじめ、経理や人事などの部署で事務の経験を積んでおくと転職活動も進めやすいですよ。

子育て中のママにおすすめの派遣会社

キッチンでスマホを見ている女性

「派遣のメリットはわかったけど、結局どの会社を選べばいいの?」

「有名な派遣会社もいっぱいあるから、どこに登録すべきか迷う・・・」

おっしゃる通り、派遣会社は日本中に山ほどありますから迷ってしまうのも無理はありません。

そこで、子育て中のママにおすすめの派遣会社を4社ほどピックアップしました。

いずれも大手かつ評判の良い派遣会社なので、気になったら登録を申し込んでみてくださいね。

ポイント!

派遣社員としてある程度経験を積んできたら、専門特化した中小派遣会社もおすすめですよ。

マンパワーグループ

マンパワーグループ
  • 登録スタッフ満足度96.28%
  • 50年以上の歴史を誇る老舗
  • 全国の幅広い業種・職種の求人をカバー
  • スキルアップ講座を無料で受講可能

まずは大手派遣会社のマンパワーグループ。

世界最大級の規模を誇る総合人材サービス会社で、日本で初めて人材派遣を手がけた老舗でもあります。

誰もが知っている大手企業をはじめ、英語を使う求人や有名外資企業の求人も豊富。

映画のチケットやエステ、スパ、ホテルが優待価格で利用できる福利厚生も魅力ですよ。

スタッフサービス

スタッフサービス
  • 「オー人事♪」のテレビCMでお馴染み
  • 最短で翌日スタート可能な対応の素早さ
  • フルタイムで働ける求人が豊富
  • 来社不要のオンライン登録が人気

スタッフサービスも大手派遣会社の代表的存在ですね。

求人数の豊富さに加えて、対応スピードの早さと時給の高さも評判です。

未経験の方も安心して働ける求人も多く、大手人気企業で働けるチャンスもたくさん見つかりますよ。

オンライン登録にも対応しているので、忙しくてすぐに時間を作れない方にもおすすめです。

テンプスタッフ

  • 業績7年連続No.1!の圧倒的な実績
  • 全国に拠点展開!幅広いエリアから仕事を探せる
  • 業種カバー率100%!やりたい仕事がきっと見つかる
  • 研修が豊富!業務に必要なスキルを身につけられる

最後にもうひとつ、大手派遣会社の代表的存在といえるテンプスタッフも外せません。

人材派遣業界で売上規模No.1のテンプホールディングスの中核を担う会社で、ベビーシッターや家事代行の割引制度が使えるなど、福利厚生面も充実。

派遣会社選びで迷ったときは、まずはテンプスタッフに登録してみましょう。

ランスタッド

ランスタッド
  • 世界第2位の総合人材サービス会社
  • 北海道から沖縄まで全国に93拠点
  • 自宅にいながらスマホで面談可能
  • 事務・オフィスワークの求人がたくさん

事務やオフィスワークの仕事に興味があるなら、ランスタッドにも必ず登録しておきましょう。

マンパワーと同じく外資系の派遣会社で、外資系の会社で働いてみたい方、語学を活かしたい方にもおすすめ。

知名度はあまり高くありませんが、過去には派遣スタッフ満足度調査でNo.1に輝いています。

抱えている求人数やサポート体制、福利厚生の充実ぶりなど、中堅派遣会社では太刀打ちできないレベルですよ。

派遣で家庭と仕事をうまく両立しよう

洗濯物を干している主婦

子供が小さいうちはなるべく一緒に過ごしてあげたいですよね。

たくさん働いてお金を稼ぐことも重要ですが、当然のことながら子供にとって母親はあなたひとりしかいません。

子供と過ごす時間をキープしながら将来に備えてお金を稼いでいくとなると、派遣はぴったりな働き方といえます。

子供が大きくなって余裕が出てきたら、正社員として働くことを考えてみてもよいでしょう。

仕事に割けられる時間、稼がないといけない金額、やりたい仕事などを考慮しつつ、どのような働き方がベストなのかを考えてみてくださいね。

あなたが希望の条件に合った仕事と巡りあえることを願っています。

当サイトで人気の大手派遣会社

マンパワーグループ

マンパワーグループ
オススメ度5.0
特徴登録スタッフ満足度96%
対応エリア全国

ランスタッド

ランスタッド
オススメ度4.5
特徴世界2位の総合人材会社
対応エリア全国

テンプスタッフ

テンプスタッフ
オススメ度4.0
特徴7年連続で業績No.1
対応エリア全国
あなたにピッタリな派遣会社を探す
お住いの都道府県
希望する職種
こだわり条件